トップページ > 文化・芸術 > 伝統工芸技術 > 荒川区伝統工芸技術記録映像「伝統に生きるーあらかわの伝統工芸技術ー」 > つまみかんざし 石田利重 ー平成2年度制作「伝統に生きる」ー

更新日:2020年9月8日

ここから本文です。

つまみかんざし 石田利重 ー平成2年度制作「伝統に生きる」ー

区指定無形文化財保持者の方々の技術の記録・保存のために制作した荒川区伝統工芸技術記録映像「伝統に生きる」をご覧いただけるページです。各区立図書館でDVD等の貸出も行っています。

映像紹介

プレスシート(説明用チラシ)のダウンロード(PDF:326KB)(別ウィンドウで開きます)
※プレスシートは作成当時のものです。
 現在と状況が異なる場合がありますので、ご了解の上、ご覧ください。

保持者

石田利重(いしだとししげ)さん
【故人】

技術

つまみかんざし

映像内で製作した作品

婚礼髪差「松竹梅」

映像時間 

18分

プロフィール等

石田さんは大正4年(1915年)生まれ。父親もかんざし職人だったが、早くに亡くなったため、13歳のとき、いとこのかんざし職人について修業し、昭和12年(1937年)に独立した。家族と共に、羽二重(絹地)をピンセットでつまみ、台紙にふいて花の形を作る、つまみかんざしづくりに打ち込んだ。かんざしは、髪挿しの音便で、天平のころの大宮人が「釵子(さいし)」や「挿頭子(かざし)」と呼び、桃の小枝や菖蒲の花を冠や髪にさしていたことから、この名がついたといわれている。つまみかんざしは、七五三や成人式、結婚式の花嫁の髪を飾るときに多く用いられている。
昭和62年度、区指定無形文化財保持者に認定。
昭和63年、勲七等青色桐葉章を受章。
その技術は、子息の石田一郎さんに受け継がれている。一郎さんは令和元年度に区指定無形文化財保持者に認定され、現在、「伝統に生きる」を制作中である(令和2年度末に完成予定)。

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

地域文化スポーツ部生涯学習課荒川ふるさと文化館

〒116-0003荒川区南千住六丁目63番1号

電話番号:03-3807-9234

ファクス:03-3803-7744

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。