更新日:2020年9月8日

ここから本文です。

木地製造 浅井輝夫 ー平成8年度制作「伝統に生きる」ー

区指定無形文化財保持者の方々の技術の記録・保存のために制作した荒川区伝統工芸技術記録映像「伝統に生きる」をご覧いただけるページです。各区立図書館でDVD等の貸出も行っています。

映像紹介

プレスシート(説明用チラシ)のダウンロード(PDF:433KB)(別ウィンドウで開きます)
※プレスシートは作成当時のものです。
 現在と状況が異なる場合がありますので、ご了解の上、ご覧ください。

保持者

浅井輝夫(あさいてるお)さん
【故人】

技術

木地製造(きじせいぞう)

映像内で製作した作品

蕎麦道具一式

映像時間 

20分

プロフィール等

浅井さんの祖父・寅次郎氏は、15歳で神田の挟箱(はさみばこ)つくり屋へ弟子入りした。小伝馬町で仕事をはじめ、ともに修業した梅谷氏と弁当箱を考案。二代目父・鉄次郎氏は寅次郎氏について修業し、兄・重吉氏とともに神田富山町で仕事を始め、昭和2年(1927年)に町屋に移った。
三代目にあたる浅井さんは、大正12年(1923年)生まれ。小学校を卒業するとすぐに父について技術を修得し、以来、木地作り一筋に仕事をした。指物と同じ技術を使い、注文に応じて主に蕎麦道具、弁当箱などを製作した。江戸漆器の下地となる木地を作るためには、長年の勘をたよりに、漆を塗ったときの厚さを考えて寸法を取らなけれはならない。木地のほんのわずかな狂いも、漆塗りに響き、きっちりと仕上がらないという。浅井さんにとって寸分違わぬ寸法を生み出す当て板、カンナ、ノコギリ、ケビキなどの道具類は何よりも大切なものである。
平成7年度、区指定無形文化財保持者に認定。

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

地域文化スポーツ部生涯学習課荒川ふるさと文化館

〒116-0003荒川区南千住六丁目63番1号

電話番号:03-3807-9234

ファクス:03-3803-7744

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。