更新日:2020年9月8日

ここから本文です。

日本画用筆 入山初太郎 ー昭和61年度制作「伝統に生きる」ー

区指定無形文化財保持者の方々の技術の記録・保存のために制作した荒川区伝統工芸技術記録映像「伝統に生きる」をご覧いただけるページです。各区立図書館でDVD等の貸出も行っています。

映像紹介

プレスシート(説明用チラシ)のダウンロード(PDF:363KB)
※プレスシートは作成当時のものです。
 現在と状況が異なる場合がありますので、ご了解の上、ご覧ください。

保持者

入山初太郎(いりやまはつたろう)さん
【故人】

技術

日本画用筆(にほんがようふで)

映像内で製作した作品

つけたて筆

映像時間 

16分

プロフィール等

入山さんは、明治36年(1905年)生まれ。荒川で150年に及ぶ筆づくりをしてきた職人の家に生まれた五代目。第一峡田小学校卒業後、大正5年(1916年)、13歳の頃から、父・入山正吉氏(四代目)について、基礎的な作業である「軸けずり」から始め、筆づくりの技術を修得した。1本のつけたて筆には、羊、たぬき、鹿、馬の毛を用いて作り上げる。筆の穂を束ねる「毛組み」はコツがあって根気がいる作業。そのことを示すように、仕事場の脇には「根気・何事も根気」と書いた札が貼ってあった。
入山さんの作った筆で、こんな良い絵がかけたという愛用者からの言葉が入山さんを筆づくりに向かわせる原動力となっていた。入山さんの筆は、日本美術院の奥村土牛・平山郁夫・羽石光志画伯をはじめ、多くの画家に愛用され、日光東照宮陽明門の天井板絵の龍・薬師寺金堂天井絵・高松塚古墳壁画の復元模写などを生み出した。
昭和59年度、区指定無形文化財保持者に認定。

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

地域文化スポーツ部生涯学習課荒川ふるさと文化館

〒116-0003荒川区南千住六丁目63番1号

電話番号:03-3807-9234

ファクス:03-3803-7744

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。