更新日:2020年9月8日

ここから本文です。

菓子木型 伊藤長壽 ー平成16年度制作「伝統に生きる」ー

区指定無形文化財保持者の方々の技術の記録・保存のために制作した荒川区伝統工芸技術記録映像「伝統に生きる」をご覧いただけるページです。各区立図書館でDVD等の貸出も行っています。

映像紹介

プレスシート(説明用チラシ)のダウンロード(PDF:453KB)(別ウィンドウで開きます)

※プレスシートは作成当時のものです。
 現在と状況が異なる場合がありますので、ご了解の上、ご覧ください。

保持者

伊藤長壽(いとうちょうじゅ)さん
号 二代目型蝶(かたちょう)
【故人】

技術

菓子木型(かしきがた)

映像内で製作した作品

「八寸ハネ鯛・ノベ鯛」

映像時間 

25分

プロフィール等

伊藤さんは昭和11年(1936年)生まれ。昭和26年、15歳で上京し、上野車坂の配野長左衛門(初代型蝶)氏に師事する。14番目の弟子として修業を始め、親方の配野氏のもとに住み込み、菓子木型づくりにあたった。昭和49年、荒川区南千住に移り住む。昭和53年に先代が亡くなり、二代目型蝶を襲名し独立。他の弟子はみな廃業した。
菓子木型(かしきがた)とは、和菓子を成型する際に使う道具で、江戸時代に専門の菓子木型を製作する職人が現れたといわれる。菓子木型には、おもに一枚板(只型)と二枚合わせの木型があり、厚みのある菓子を作るときには、二つが対になった二枚合わせの木型を使う。伊藤さんは、鑿(のみ)を使って花や動物などの様々な図案をリズミカルに彫っていく。材料には本桜材を使い、和菓子の月餅(げっぺい)・落雅(らくがん)・羊生(ようなま)などの木型を彫る。完成した作品は緻密な作りで、想定した菓子の重さピッタリにできあがる。道具としての使いやすさは勿論たが、見た目にも美しい作品である。
平成15年度、区指定無形文化財保持者に認定。

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

地域文化スポーツ部生涯学習課荒川ふるさと文化館

〒116-0003荒川区南千住六丁目63番1号

電話番号:03-3807-9234

ファクス:03-3803-7744

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。