トップページ > 文化・芸術 > 伝統工芸技術 > 人形づくりの職人

更新日:2021年3月20日

ここから本文です。

人形づくりの職人

表の中の見たい方をクリックしてください。

地域

名前 業種 登録・指定
町屋 竹中重男/温恵

衣裳着人形

登録・指定/登録
西日暮里 田中作典 犬張子 登録・指定

衣裳着人形(いしょうぎにんぎょう)

衣裳着人形は、人形の意匠を考え、人形頭師に桐塑(とうそ)製の頭を依頼し、それにあった生地を選び、裁断し、縫った布地の衣裳を着せ付け、手足を振り付ける技術をいう。100を越える工程を丹念に仕上げて、雛人形、五月人形などを制作する。
生地師、頭師、結髪師、人形師による分業制で、江戸時代には確立していたと考えられる。

竹中重男(たけなかしげお)【号 幸甫(こうほ)】温恵(よしえ)【号 鶴屋半兵衛(つるやはんべい)】

竹中さんは、ご夫婦で竹中雛人形製作所を営んでいる。雛人形や節句人形を主に製作する。

竹中重男さん

重男さん

祖母・鶴子氏、父・幸輔氏と3代にわたり、衣裳着人形を手掛けてきた。幼少より仕事を手伝い、昭和32年から専従するようになった。

  • 昭和63年度 荒川区登録無形文化財保持者に認定。
  • 平成元年度 東京都伝統工芸士に認定。
  • 平成17年度 荒川区指定無形文化財保持者に認定。
  • 平成18年度 東京都優秀技能者(東京マイスター)に認定。
  • 平成19年度 経済産業大臣認定伝統工芸士に認定。
竹中温恵さん

温恵さん

昭和39年に重男氏と結婚し、同45年頃から夫の衣装着人形製作を手伝うようになり、その中で技術を修得した。
平成19年度、荒川区登録無形文化財保持者に認定。

 

親王飾り
  • 所在地 荒川区町屋1-21-7 有限会社 竹中雛人形製作所
  • 時間 午前10時~午後5時(定休日:土曜日・日曜日、ただし1~4月は無休)
  • 電話 03-3892-9969
  • ホームページ なし
  • 紹介映像 伝統に生きる(重男さん)

おさな大将

(上)重男さんの作品

  • 親王飾り(屏風、雪洞、紅梅白梅行器、毛氈付属) 150,000円~

 

(下)温恵さんの作品

  • おさな大将(屏風、毛氈付属) 130,000円~

令和3年4月7日まで、作品はあらかわ伝統工芸ギャラリーでご覧いただけます。

犬張子(いぬはりこ)

子どもがよい子にすこやかに育つようにと願って飾る犬張子。安産祈願や出産のお祝いに贈物として使われることが多い。昔、犬は動物のなかでも安産であるため、お産の御守りと考えられていた。宮中などに置かれた犬筥(御伽犬)から転じたともいわれ、現在のような立ち姿になったのは、江戸時代といわれる。
通常、木型に和紙を貼って作られた張子の犬だが、区の職人は、他には見られない桐塑(とうそ=桐のおがくず等)の生地を使用して作る技術を伝承している。

田中作典(たなかさくのり)

田中さんは、祖父・中村信太郎氏、父・田中留吉氏から数えて3代目にあたる。
紙を糊で貼り付ける従来の方法とは違い、桐塑生地に胡粉を塗って面相を描く手法で犬張子を製作する。これは祖父・信太郎氏があみだした手法である。
昭和63年度、荒川区登録無形文化財保持者に認定。
平成18年度、荒川区指定無形文化財保持者に認定。

田中作典氏
  • 所在地 荒川区西日暮里4-25-11 犬張子 田中
  • 時間  不定期(不定休) 
  • 電話・ファクス 03-3821-2286
  • ホームページ なし
  • 紹介映像 伝統に生きる  
犬張子
  • (左上)10cm 犬張子 デンデン太鼓付 5,500円
  • (左下左)7cm 犬張子 デンデン太鼓付 3,630円
  • (左下右)福犬 2,530円
  • (右) 24cm 犬張子 36,300円

4月7日まで、作品はあらかわ伝統工芸ギャラリーでご覧いただけます。

 

ページの先頭へ戻る

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

地域文化スポーツ部生涯学習課荒川ふるさと文化館

〒116-0003荒川区南千住六丁目63番1号

電話番号:03-3807-9234

ファクス:03-3803-7744

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?