トップページ > 文化・芸術 > 伝統工芸技術 > 桐たんす仕上げ 村井泰雄(むらい やすお)

更新日:2022年3月16日

ここから本文です。

桐たんす仕上げ 村井泰雄(むらい やすお)

桐たんす・桐たんす仕上げの技術

桐材を剥ぎあわせ、柾目板を作り、ホゾとウツギ(木釘)を使って組み上げる技術。18世紀半ば、指物から専業化したとされる。桐は吸湿性、耐火性、通気性に富み、収納家具に使われてきた。
東京の技術は、框戸を設けるのが特徴とされ、木目の美しさをいかして作られてきた。

職人のプロフィール

村井さんは、大学卒業後に修業を始め、当時家業のたんす店で仕上げを担当していた職人・飯島政夫氏の下で仕上げの技術を修得した。
兄の正孝さん(区登録無形文化財保持者)とともに、祖父・正一氏、父・正造氏から続く桐たんす作りを行っている。正孝さんが仕入れ・組立てなどの木地作、弟の泰雄さんが色付けや金具の取り付けなどの仕上げを行い、連携して桐たんすを作り上げる。
はじめは桐たんすの修理を中心に携わっていたが、30代頃から色付け等の仕上げ作業に従事するようになった。桐たんす表面の仕上げの色は、自身で調合を行う。色付けでは、大和液・ヤシャ液・砥の粉の混合液を使って色を出す。

  • 平成26年度 荒川区登録無形文化財保持者に認定
村井泰雄
  • 所在地  荒川区町屋1-17-15
  • 時間 午前8時30分~午後6時(定休日:土曜日・日曜日)
  • 電話 03-3892-0597
  • ファクス 03-3895-3698
  • ホームページ なし
   村井さん桐たんす

 

桐たんす 100,000円

 

 

 

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

地域文化スポーツ部生涯学習課荒川ふるさと文化館

〒116-0003荒川区南千住六丁目63番1号

電話番号:03-3807-9234

ファクス:03-3803-7744

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?