トップページ > 産業・商業 > 荒川マイスター > 平成15年 > 新田 昭三郎(にった しょうざぶろう) Nitta Syozaburo

更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

新田 昭三郎(にった しょうざぶろう) Nitta Syozaburo

医科鍛造業 昭和2年1月9日生まれ・荒川在住

耳鼻科、眼科を中心とした医科製品(メス、鉗子など)の原型を手ハンマーによる熱間鍛造でしています。熱間鍛造は刀鍛冶と似た工法ですが、図面誤差の少ない製品を製造し、仕上げ工からは最終加工がしやすいと大変好評です。
外科医師が手術現場において様々なテクニックを駆使できるように、既製品にない特殊な器具の注文にも応じています。
また、医科鍛造業並びに鍛造技術の発展・向上のために、鍛造業を目指す者に技術指導と助言を永年にわたって行っています。

新田 昭三郎の写真 作業風景の写真

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

産業経済部経営支援課経営支援係

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎6階)

電話番号:03-3802-3111(内線:459)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?