トップページ > 産業・商業 > 荒川マイスター > 平成27年 > 高木 尚美(たかぎ なおみ) Takagi Naomi

更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

高木 尚美(たかぎ なおみ) Takagi Naomi

手描友禅(てがきゆうぜん) 昭和26年生まれ・東尾久在住
当人は、一品ものである着物の工程の中でも一番重要である色挿(さ)しを行う職人である。伝統的な製作方法である東京友禅は地色を染める前に色挿しを行うため、地色が染まった仕上がりをイメージしながら色を挿す難しさがあるが、当人の類(たぐ)いまれなる感性から発想されるイメージと色ごとに異なる彩色筆(さいしきふで)により表現され仕立て上げられた着物は、着物雑誌にも掲載されるほどの高い評価を受けている。
また、全国の着物職人が自身の腕を披露し競い合う場である老舗百貨店での審査会に出品し入選するなど、当人の卓越した技能は業界内からも一目置かれている存在である。

高木 尚美の写真

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

産業経済部経営支援課経営支援係

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎6階)

電話番号:03-3802-3111(内線:459)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?