トップページ > 産業・商業 > 荒川マイスター > 平成13年 > 中原 喜鶴(なかはら きかく) Nakahara Kikaku

更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

中原 喜鶴(なかはら きかく) Nakahara Kikaku

靴製甲士 昭和2年9月20日生まれ・町屋在住

急速に分業化が進む靴業界の中にあって、高級革靴の製甲師として、100近い工程のすべてに精通している貴重な存在。
靴の縫い合わせ部分の糸のラインが、美しくつらなって一本にしか見えず、専門家が見ても縫い合わせの始めの位置がわからないと言われるほど。
41年間のたゆまぬ努力と工夫が、この技術に結晶している。

中原 喜鶴の写真

高級革靴の写真

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

産業経済部経営支援課経営支援係

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎6階)

電話番号:03-3802-3111(内線:459)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?