トップページ > 産業・商業 > 荒川マイスター > 平成22年 > 松崎 和彦(まつざき かずひこ) Matsuzaki Kazuhiko

更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

松崎 和彦(まつざき かずひこ) Matsuzaki Kazuhiko

木工塗装工 昭和19年生まれ・東日暮里在住(故人)

木工塗装に関する1級技能士の資格を持ち、製品づくりの要諦である塗装工程において卓越した手腕を奮う。天然素材を扱うため高度な技能が要求される木工製品の塗装において、持ち前のセンスと熟練の技により、木目・年輪など多種多様な素材の特性を巧みに生かし、その美しさを存分に引き出す。塗師(ぬし)であった父親に師事し、かつては漆器製作を専門としたが、今では、伝統的な和家具にとどまらず、欧州製家具の修復も手がけるなど活動の幅を広げる。また、歴史的な建造物の調度修復も任されるなど、多彩な技術と塗装に対する深い識見への評価は高い。所属する東京木工塗装技能士会等では役員の要職に就き、業界発展の牽引役として活躍する一方、次代を担う技術者の育成にも精魂を傾ける。

松崎 和彦の写真

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

産業経済部経営支援課経営支援係

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎6階)

電話番号:03-3802-3111(内線:459)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?