更新日:2022年7月1日

ここから本文です。

開発行為の許可について

500平方メートル以上の土地で開発行為を行う場合には、都市計画法第29条の許可が必要になります。
開発許可が必要かどうかの判断について、区で判断しています。開発許可が必要となった場合の手続きを円滑に進めるためにも、事前にご相談下さい。

開発行為とは

主として建築物の建設を目的として行う、区画形質の変更(道路の新設・廃止による土地利用形態の変更、1mを超える切土・盛土を行う造成行為、宅地以外の土地を宅地にすること)をいいます。

許可基準の概要

開発行為の許可基準概要(令和3年4月1日施行)(PDF:132KB)

荒川区「都市計画法」の規定に基づく開発行為の許可等に関する審査基準については、都市計画課窓口にて閲覧することができます。

関連PDFファイル

関連情報

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

防災都市づくり部都市計画課都市計画担当

〒116-8502荒川区荒川二丁目11番1号(北庁舎3階)

電話番号:03-3802-3111(内線:2812・2813)

ファクス:03-3802-0046

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。