トップページ > まちづくり・土木 > 建築・開発・解体 > 建築の法令・条例・要綱 > 都市計画法第53条第1項に基づく許可要件の緩和について

更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

都市計画法第53条第1項に基づく許可要件の緩和について

都市計画事業完了区域を除く都市計画道路、都市計画公園・緑地において、3階建てを可能とするなどの緩和措置を下記のとおり実施しています。

都市計画道路の区域内における、都市計画法第53条第1項に基づく許可要件について、緩和措置が受けられる場合

  1. 建築物の構造が、次に掲げる要件に該当し、かつ容易に移転又は除却することができるものであること。
    • 一 階数が3、高さが10メートル以下であり、かつ地階を有しないこと。
    • 二 主要構造部が、鉄骨造、木造等であること。
    • 三 建築物が、都市計画道路の区域の内外にわたる場合は、将来において、都市計画道路内の部分を分離することが容易にできるよう設計上の配慮をすること。
  2. 都市計画道路内における都市計画事業を施行する上で支障ないと認められるものであること。
  3. 都市計画事業完了区域ではないこと。

都市計画公園・緑地の区域内における、都市計画法第53条第1項に基づく許可要件ついて、緩和措置が受けられる場合

  1. 建築物の敷地が、都市計画公園・緑地の整備方針に定める優先整備区域以外であること。
  2. 建築物の構造が、次に掲げる要件に該当し、かつ容易に移転又は除却することができるものであること。
    • 一 階数が3であり、かつ地階を有しないこと。
    • 二 主要構造部が、鉄骨造、木造等であること。
  3. 都市計画公園・緑地における都市計画事業を施行する上で支障ないと認められるものであること。
  4. 都市計画事業完了区域ではないこと。

※注釈 「優先整備区域」の箇所については、お問合せください。

関連ファイル

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

防災都市づくり部建築指導課建築審査係

〒116-8502荒川区荒川二丁目11番1号(北庁舎3階)

電話番号:03-3802-3111(内線:2843)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。