更新日:2021年1月22日

ここから本文です。

加熱した食品でも食中毒にご注意!

暑い季節になると、細菌による食中毒に注意が必要です。食中毒というと、生ものが原因食品となるイメージがあると思いますが、実は、加熱された食品でも食中毒の原因となる可能性があります。

加熱したのに食中毒が起こるのはなぜ?

ウエルシュ菌など一部の細菌は、加熱しても食品中で生き残ることがあります。

注意が必要な食品は?

カレー、シチュー、煮物など、とろみのある食品を大量調理する際には注意が必要です。

予防方法は?

  • 前日調理はさける。
  • 加熱した食品は常温放置せず、小分けにして速やかに冷却する。
  • 再加熱をする際は、よくかきまぜて、沸騰させるくらいまで加熱する。

関連情報

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

健康部生活衛生課食品衛生係

〒116-8502荒川区荒川二丁目11番1号

電話番号:03-3802-3111(内線:428)

ファクス:03-3806-2976

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。