トップページ > 届出・登録・証明 > 戸籍・住民票 > 戸籍に関する手続き > 離婚の際に称していた氏を称する届出

更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

離婚の際に称していた氏を称する届出

名称

離婚の際に称していた氏を称する届出
(戸籍法77条の2の届出)

届出期間

協議離婚の届出日、調停成立の日、裁判離婚の確定日、から3か月以内
※注釈1 3か月を過ぎると届出することはできません。
※注釈2 離婚届と同時に届出することもできます。

届出先

  • 届出人の本籍地
  • 届出人の所在地

上記いずれかの市区役所、町村役場

届出人

離婚により、婚姻前の氏に復する方または復した方

持参するもの

  • 届書
  • 戸籍謄本(現在の本籍地が届出先の市区町村にあるときは必要ありません)
  • 届出人の印鑑

注意事項

  • 上記届出期間を過ぎた場合は、届出することはできません。
  • 「旧姓」と「婚姻中に称していた氏」が同じ呼称の場合は届出することはできません。
    (具体例:旧姓が「荒川」、婚姻中の氏も「荒川」の場合)
  • 区民事務所では、戸籍の届出の受付はおこなっておりませんので、区役所本庁舎にお越しください。
  • 届書に記入する際、『消えるペン』は絶対に使用しないでください。

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

区民生活部戸籍住民課戸籍係

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎1階)

電話番号:03-3802-3111(内線:2354)

ファクス:03-5604-7149

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?