トップページ > 防災 > 家庭の備え > 土砂災害に備えましょう

更新日:2021年4月16日

ここから本文です。

土砂災害に備えましょう

平成26年8月に広島県広島市で、平成25年10月には東京都大島町で、記録的な大雨の影響により大規模な土砂災害が発生し、多くの尊い人命が失われました。近年、思いも寄らない大雨が降る事例が多くなっています。日頃から最新の気象情報を入手するように心掛け、いざという時に迅速な行動ができるように備えておきましょう。

土砂災害警戒区域等の指定

東京都が、平成30年1月30日付けで、「土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律(通称「土砂災害防止法」)に基づき、土砂災害警戒区域及び土砂災害特別警戒区域を指定しました。

土砂災害警戒区域(イエローゾーン)

急傾斜の崩壊等が発生した場合に、住民等の生命又は身体に危害が生ずるおそれがあると認められる土地の区域

土砂特別災害警戒区域(レッドゾーン)

警戒区域のうち、急傾斜部の崩壊等が発生した場合に、建築物に損壊が生じ住民等の生命又は身体に著しい危害が生ずるおそれがあると認められる土地の区域

土砂災害警戒区域

※東京都説明資料より抜粋

荒川区内の指定区域

荒川区 指定地域 区域図(PDF:1,989KB)

西日暮里4丁目
区域の番号 土砂災害
警戒区域
土砂災害
特別警戒区域
備考
118001-K001  
118001-K002 下端下方の一部は、西日暮里五丁目
118001-K003 下端下方の一部は、西日暮里五丁目
西日暮里3丁目
区域の番号 土砂災害
警戒区域
土砂災害
特別警戒区域
備考
118001-K004 × 下端下方の一部は、西日暮里四丁目及び五丁目
118001-K005  
118001-K006  
118001-K007  

各区域の公示図書は以下よりダウンロードできます。

区域指定後の主な義務と規制事項

区域指定後は、下記の義務や規制事項等があります。

土砂災害警戒区域では

宅地・建物等の取引時の重要事項説明の義務化

不動産取引をする際に重要事項説明の対象となります。

土砂災害特別警戒区域では

建築物の構造規制

建築物の構造規制が、建築基準法に基づき行われます。

特定開発行為に対する許可制

宅地分譲や病院、福祉施設などの建築のための開発行為は、基準に従ったものに限って許可されます。

擁壁専門家派遣事業について

土砂災害警戒区域内等に擁壁やがけをお持ちの方が、擁壁等の状況把握や今後の対策等の検討について相談できるように、区が専門家を派遣する事業です。
擁壁等について心配な事がある方は、ぜひご利用下さい。

擁壁専門家派遣事業のご案内

擁壁等対策工事助成について

土砂災害特別警戒区域内等の擁壁等の安全性確保のために対策工事を行う所有者等に対し、区が当該工事に要する経費の一部を助成する制度です。
対象地で擁壁等の工事をお考えの方は、ぜひご利用ください。

荒川区擁壁等対策工事助成金制度のご案内

急傾斜地崩壊危険箇所

崩壊した場合に人家等に被害が生じるおそれがある箇所として西日暮里の一部の地域が指定されています。

自然斜面
所在地(代表番地) 傾斜度平均 延長 高さ平均
西日暮里3-10 70° 75m 13m
西日暮里4-1 70° 260m 10m
人工斜面
斜面別 所在地(代表番地) 傾斜度平均 延長 高さ平均
自然斜面 西日暮里3-10 70° 75m 13m
西日暮里4-1 70° 260m 10m
人工斜面 西日暮里3-4 75° 38m 8m
西日暮里3-7 85° 153m 10m
西日暮里2-58 60° 約350m 16m

※注釈 急傾斜地崩壊危険箇所の設定基準は、傾斜角度30°以上、高さ5m以上の斜面を対象とする。(東京都建設局河川部計画課急傾斜地崩壊危険個所調査報告書 平成15年3月)

土砂災害警戒区域等マップ(東京都)(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

土砂災害警戒情報が発表されたら

土砂災害警戒情報は、大雨による土砂災害発生の危険度が高まったときに、東京都と気象庁が共同で発表する防災情報です。
土砂災害警戒情報が発表されたら、斜面や降雨の状況に十分注意して、危険を感じたらすぐに避難することができるように準備しましょう。
区では、土砂災害警戒情報が発表された場合には広報車や防災行政無線の屋外スピーカー等で、対象地域周辺の皆さんに情報をお知らせするとともに、諏訪台ひろば館(西日暮里3-3-12)を自主避難場所として開放します。

諏訪台ひろば館

荒川区メールマガジン

荒川区メールマガジンでは、災害に関する緊急情報をあらかじめ登録したパソコン、スマートフォンや携帯電話等にメールでお知らせしています。登録は無料です。ぜひ、ご利用ください。
緊急情報は荒川区のツイッターでもお知らせしています。

最新の気象情報を確認して、早めの避難を心がけましょう

土砂災害警戒情報等が発表されていなくても、斜面の状況には常に注意を払い、普段と異なる状況に気がついた場合には、直ちに周りの人と安全な場所に避難してください。
突然、大雨が降ったり、長時間、雨が降り続くような場合には、気象庁等のホームページで最新の気象情報や降雨状況を確認して下さい。

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

防災都市づくり部都市計画課

〒116-8502荒川区荒川二丁目11番1号(北庁舎3階)

電話番号:03-3802-3111(内線:2812・2813)

ファクス:03-3802-0046

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。