トップページ > 防災 > 家庭の備え > 日常備蓄で災害に備えましょう

更新日:2021年2月25日

ここから本文です。

日常備蓄で災害に備えましょう

首都直下地震が発生し、電気・ガス等のライフラインや物資の供給が止まった場合、食料や生活用品等の確保が困難となります。過去の震災時の避難所では「支援物資を求める人が多く、全員に行き渡らない」「トイレに長蛇の列ができていて、トイレに行きたい時に行けない」等の問題がありました。
いつ起こるか分からない自然災害に対して、日頃から各家庭で食料品や生活用品を備え、災害発生後に自宅が無事で、地域に火災発生等の危険が無い場合は、引き続き自宅で過ごしましょう。

日常備蓄について

家庭で備蓄する際には、普段食べているものや、使っているものを常に少し多めに購入し、それらを備蓄品とする「日常備蓄」が効果的です。この方法によれば、普段食べ慣れないもの(例 乾パン等)を特別に準備する必要がなく、すぐに取り組むことができます。備蓄品の賞味期限や使用期限が近づいてきたら、日常生活の中で消費し、消費した分だけ補充することで、備蓄量を一定に保つことができます。
次の「日常備蓄一覧」を参考に、それぞれのご家庭で必要なものをリストアップしてみましょう。
なお、各家庭によって必需品や必要量は異なりますが、生活する上で必要な物は7日分(最低3日分)備蓄しておきましょう。

ローリングストック
ローリングストック法のイメージ図(引用元「東京防災」)

日常備蓄一覧

食品等

  • 無洗米
  • レトルトご飯
  • おかゆ等柔らかい食品
  • 乾麺
  • 即席麺
  • 缶詰(主菜)さば缶等
  • 缶詰(果物等)
  • レトルト食品
  • 野菜ジュース
  • 菓子類(チョコレート等)
  • 栄養補助食品
  • 健康飲料粉末
  • 調味料(塩、しょうゆ等)

生活用品

  • ごみ袋
  • トイレットペーパー
  • ティッシュペーパー
  • ウェットティッシュ
  • 食品用ラップ
  • 乾電池
  • ライター
  • 使い捨てカイロ
  • 救急箱
  • 常備薬
  • 生理用品
  • 補聴器用電池

衛生用品

  • 携帯トイレ
  • 使い捨てポリ手袋
  • 歯磨きセット
  • 入歯洗浄剤
  • 水のいらない石鹸

乳幼児

  • 粉ミルク・液体ミルク等
  • 離乳食
  • おしりふき
  • おむつ

あると便利なもの

  • カセットコンロ
  • ガスボンベ
  • 携帯電話の予備バッテリー
  • 懐中電灯
  • 手巻き式携帯電話充電器や蓄電池
  • 充電式等のラジオ

上記一覧は一例です。ご家庭の状況に合わせて、下記PDF表(日常備蓄チェックリスト)の空欄を活用し、リストを作成してみましょう。

日常備蓄チェックリスト(PDF:260KB)

大人一人(7日分)あたりの備蓄量目安

  • 飲料水 3リットル(1日あたり)×7日分=21リットル
  • 食料 3食(1日あたり)×7日分=21食分
  • 携帯トイレ 5回(1日あたり)×7日分=35回分

いざという時に備えて、非常用持ち出し袋を準備しましょう

関連情報

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

区民生活部防災課

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎3階)

電話番号:03-3802-3111(代表)

ファクス:03-5810-6262

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。