トップページ > 健康・医療・衛生 > 健康診査・がん検診 > 胃がんリスク検査(ABC検診)

更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

胃がんリスク検査(ABC検診)

血液検査でリスクを判定します

胃は、ピロリ菌感染によって粘膜萎縮が進むほど、がんを発症しやすくなります。
自分の胃ががんになりやすいかどうかを、血液検査により知ることができます。

実施期間

毎年7月1日から11月30日

費用

1,000円(検査費用の総額のうち1,000円を自己負担していただきます。医療機関へお支払いください)
※生活保護を受給している方の自己負担はありません。

対象

本年度で35・40・45・50・55・60歳の区民の方。
※対象の方には毎年6月下旬に受診券を送付しています。
実施期間になってもお手元に届かない方は、下記のお問い合わせまでご連絡ください。

受けられない方

対象であっても、下の項目にあてはまる方は受診できません。

  • 胃がんリスク検査を受けたことがある
  • ピロリ菌を除菌した
  • 過去2ヵ月以内に胃酸を抑える薬を飲んだ
  • 腎機能障害がある
  • 食道・胃・十二指腸に疾患がある
  • 胃痛などの自覚症状がある
  • 胃を切除した
  • 胃がんになったことがある
  • 医師から受診を止められている

検査方法

血液検査で、ピロリ菌感染の有無(ピロリ菌抗体検査)と胃粘膜の萎縮度チェック(ペプシノゲン検査)を組み合わせて実施します。

受診方法

実施医療機関にご連絡の上、受診券と保険証をご持参ください。
※特定健康診査対象の方は必ず同時に受診してください。
毎年6月下旬に受診券を送付しています。

実施医療機関

受診することができる医療機関は、受診券と同封されている一覧表でご確認ください。
※毎年6月下旬に受診券を送付しています。

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

健康部保健予防課成人健診係

〒116-8507荒川区荒川二丁目11番1号

電話番号:03-3802-3111(内線:416)

ファクス:03-3807-1504

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?