トップページ > 健康・医療・衛生 > 健康診査・がん検診 > 胃がん検診(バリウム検査)

更新日:2022年3月3日

ここから本文です。

胃がん検診(バリウム検査)

新型コロナウイルス感染予防対策として、当面の間、密集・密接を防ぐためがん検診の規模を制限しています。

胃がん検診(バリウム検査)の対象者は35歳以上の方です。誕生月のおおむね1か月以上前に、区から対象者に「検診のお知らせ」を郵送します。
同封の申込はがきに胃がん検診(バリウム検査)と受診希望日を記入し、申込み締切日までに返送してください。抽選の結果により、受診希望日に当選の場合は、後日受診券を発送します。受診希望日に落選した場合は、こちらで受診日を決めさせていただき後日受診券を発送します。日程変更を希望される場合は成人健診係までご連絡ください。受診予約の空いている日の中から新たな受診希望日の予約を承ります。

誕生月に受診できなかった場合も成人健診係にご相談ください。

胃がんとは

胃がんは、胃壁の最も内側の粘膜の細胞に発生します。粘膜のがん細胞は次第に深く進み、胃の粘膜にとどまっている「早期がん」と筋層以上に深く進んだ「進行がん」に分けられます。自覚症状は、がんが進行してもまったく現れないこともあれば、早期の段階から胃痛、胸焼け、黒い便がみられることもあります。
胃がんを早期発見・早期治療するために毎年検診を受けましょう。

どんな検査ですか

問診と胃部エックス線撮影を行います。

問診

現在治療中の病気、自覚症状の有無、今までかかった病気、手術、家族歴(血縁者で、がんになった人の有無)などについてお聞きします。

胃部X線検査

撮影前に胃を膨らませる発泡剤とバリウムを飲んで、撮影台の上で体を動かしながらX線撮影し、胃の中の粘膜を観察する検査です。

検診における注意事項

胃がん検診(バリウム検査)を受けられない方

  • 妊娠中や妊娠の可能性がある方。
  • 胃を切除した方。胃・十二指腸の治療中の方。
  • 腎臓病や心臓病で水分制限を受けている方。
  • 腸閉塞や大腸憩室炎、潰瘍性大腸炎、腸ねん転の既往、消化管手術の既往がある方、腹痛、下痢、下血等の炎症症状がある方(検査により穿孔などの重篤な合併症を起こすことがあります。)
  • 大腸ポリープの内視鏡治療をして3か月以内の方。
  • 過去1年以内に心筋梗塞や脳梗塞の病気をされた方。腹部、胸部、頭部、整形外科の手術をされた方。帝王切開でご出産の方。
  • バリウムの誤嚥(ごえん)を、したことがある方。(胃がん検診のバリウムが、気管や肺に入ってしまうこと。)センター・他の施設を問いません。
  • えん下障害があって飲みこみが悪く、むせやすい方。
  • バリウム製剤・発泡剤・下剤等でアレルギー症状の既往がある方。
  • じんましん、息苦しさ、手足が冷たくなるなどの既往歴のある方。
  • 3日以上排便がない方(検査後のバリウムの便が出にくいため)
  • 自力で、立位を保持することやスムーズに体を動かすこと(平らなところで寝返りをし、回転を続けること)が困難な方。
  • 技師の指示に従うことや理解困難がある方。
  • 体調がすぐれない方。

胃がん検診(バリウム検査)を受ける方

1.検査前

通院及び服薬中の方は、事前に胃部X線撮影を行ってよいか、必ず主治医の確認を得てください。(薬や水分を取らずに検査を受けて体調を崩される方がいます。)

2.前日

夕食は午後9時頃までに消化の良いものをお取りください。飲水は構いません。

3.当日

  • 食事は摂らないでください。(タバコ・アメ・ガム等も不可)
  • 起きてから検診開始時間の2時間前までは、200ミリリットル(コップ1杯)の水・白湯を飲んでも構いません。
  • 心臓病、高血圧の方は、事前に主治医等に相談のうえ検診の3時間前までに内服してください。それ以外の薬は検査後にお飲みください。(当日の最高血圧180、最低血圧110以上では、合併症を誘発する恐れがあり検査できません。)
  • 糖尿病の方は、検診前に、薬の服用やインシュリンの注射はしないでください。
  • 検診着の下に、ボタンや金具のついていない無地のTシャツ等を着て撮影することが出来ます。着替えしやすい服装でお越しください。また、アクセサリー類ははずしておいて下さい。

4.検査後

  • 便秘にならないようにコップ2杯以上の水で下剤をお飲みください。また、1時間にコップ1杯の水を飲むなど、いつもより水分を多めにお飲みください。(アルコール類は、利尿作用があるため、当日はお控えください。)検診後の数日間は、排便の状況を確認し、翌日までにバリウムが排泄しない場合は、すみやかに医療機関に受診してください。(まれに、バリウムで便秘や腸閉塞などを起こすことがあります。)
  • バリウム服用後に、副作用で過敏症(アレルギー症状)が現れる方がいます。じん麻疹、浮腫、呼吸困難等の症状が現れた場合には、直ちに医療機関を受診してください。

精密検査と言われたら

医療機関で胃内視鏡検査など詳しい検査を受けてください。がん以外の病気(胃炎、潰瘍、ポリープなど)も見つけることができます。

胃内視鏡検査

内視鏡を口または鼻から挿入し胃の中を直接観察する検査です。必要に応じ、組織を採取する場合もあります(別料金となります)

胃がん精密検査協力医療機関(令和4年3月1日現在)

医療機関名 住所 電話
日本医科大学付属病院 文京区千駄木1-1-5 03-3822-2131
東京女子医科大学
付属足立医療センター
足立区江北4-33-1 03-3857-0111
かどた内科クリニック 南千住4-7-1
BiVi南千住3F
03-5604-1517
南千住病院 南千住5-10-1 03-3806-2232
久木留医院 南千住6-53-8 03-3891-4639
土屋クリニック 南千住7-12-15 03-3806-9029
東京リバーサイド病院 南千住8-4-4 03-5850-0311
水野クリニック 荒川1-49-2 03-3891-0219
飯土用内科 荒川3-23-13 03-3891-5858
荒川外科肛門科医院 荒川4-2-7 03-3806-8213
岡田病院 荒川5-3-1 03-3891-2231
竹内病院 荒川6-7-8 03-3892-7771
町屋マークスタワークリニック 荒川7-46-1-208 03-6807-7415
堀メディカルクリニック

町屋1-1-9メディカル

センターMedium町屋2F

03-3895-5400
木村病院 町屋2-3-7 03-3892-3161
高橋医院 町屋3-2-10 03-3810-5665
木田医院 町屋3-27-9 03-3819-3123
山本医院 町屋4-8-4 03-3895-5365
上智クリニック 町屋4-9-10 03-3892-4514
小沼医院 町屋6-19-15 03-3895-6603
熊野前医院 東尾久3-19-8 03-3819-2535
熊野前かと内科医院 東尾久6-39-13 03-6677-5400
尾久橋医院 東尾久8-19-2 03-3800-3020
宮の前診療所 西尾久2-3-2 03-3800-7111
かわさき内科クリニック 西尾久2-14-11 03-6807-7769
佐藤病院 西尾久5-7-1 03-3893-6525
三ノ輪病院 東日暮里1-4-3 03-3803-2355
小山内科医院 東日暮里1-5-10
鈴木酒販ビル3A
03-5850-2030
やたがいクリニック 東日暮里4-20-6 03-5850-6166
リーデンスタワークリニック 東日暮里5-16-3-201 03-5850-1661
みかわしまタワークリニック

東日暮里6-1-1アトラス

ブランズタワー三河島2F

03-3806-1133
蓮沼医院 東日暮里6-51-8 03-3891-1170
日暮里医院 東日暮里6-60-4 03-3806-0345
細井胃腸科クリニック 西日暮里1-59-11 03-3805-4151
小堀クリニック

西日暮里5-11-8三共

セントラルプラザビル7F

03-3805-8181

必ず事前に電話で診療時間・検査方法などを確認してください。

荒川区の胃がん検診状況

平成30年度の胃がん検診(バリウム検査)受診者数は10,715名でした。その中で精密検査を受診した226名のうち、早期がん4名、進行がん1名が発見されています。(令和2年3月末現在)
胃がんのリスクを高める物として、喫煙、飲酒、食塩および高塩分食品をあげることができます。胃がんの予防には、減塩の食生活(漬物・塩蔵品・外食など塩分の多く含まれる食べ物に注意)と野菜や果物の摂取が重要です。
また、胃粘膜にすみつく細菌として知られるヘリコバクター・ピロリの持続感染も胃がんのリスク要因とされています。

受診者の声

70代男性

10年前に、区のがん検診を受けて胃がんを見つけていただきました。症状も無く検診を受けていなかったら分からなかったと思います。胃を2分の1切除しましたが、早期で見つかり、現在、体調もよく元気にすごしています。今は定期的に手術をした病院で検査をしています。

60代男性

精密検査になり、医療機関で胃内視鏡検査を行ったところがんが見つかりました。早期発見でしたので入院も短く治療ができました。

リンクについて

胃がん検診について詳しくお知りになりたい方は下記リンク先をご覧ください。
東京健康ステーションホームページ (外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)
他の検診についてもお知りになりたい方は下記リンク先をご覧ください。
がん検診のご案内 胃がん(内視鏡)検診 肺がん検診 大腸がん検診 乳がん検診 子宮頸がん検診

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

健康部保健予防課成人健診係

〒116-8507荒川区荒川二丁目11番1号

電話番号:03-3802-3111(内線:416)

ファクス:03-3807-1504

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?