更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

当選商法

海外のにせ当選宝くじにご注意

事例:申し込みもしていないのに、高額な宝くじに「当たった」(海外宝くじ)

海外から突然不審なダイレクトメールが送られてきた。「あなたは当選三億円を受け取れる権利を得ているので、申込書と手数料を送って下さい」と書かれていた。心当たりがないが信用しても大丈夫か。

アドバイス

高額な宝くじに当たったかのように錯覚させ、手数料を支払わせる手口です。
申込書を送ったりすると、更に個人情報を知らせる結果になります。
特にクレジットカード番号を記入して送ると、毎月引き落とされてしまうこともあります。
信用せずに無視しましょう。

  • 日本では、宝くじは許可を受けた特定の地方自治体だけが発売でき、それ以外は、「富くじ」として刑法で禁止されています。取次ぎや授受も禁止されています。
  • 国内で海外宝くじを購入することは法に触れる恐れがあります。(海外に行って現地で購入するのであれば国内法の適用はありません。)
  • 「海外宝くじ」には、絶対に手を出さないようにしましょう。

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

産業経済部産業振興課消費生活センター

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎6階)

電話番号:03-3802-3111(内線:477)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?