更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

未公開株などのもうけ話

もうかります詐欺

事例:必ずもうかるといわれ契約したが、連絡が取れなくなった

B社から「A社の封筒が届いていないか。エコロジーで将来有望で上場間近な企業である。封筒が届いた人しか、株を購入できない。高値で買い取るので購入してほしい」と電話があった。
A社に電話してA社の未公開株を購入したが、最終的にA社、B社ともに連絡が取れなくなった。


絶対もうかるとの勧誘

アドバイス

「買え買え詐欺」ともいえる「劇場型勧誘」の手口がより巧妙化、悪質化しています。
「あなただけ」「高値で買い取る」などと誘われ、その気になって購入しても、支払ったお金が戻ってくることはまずありません。
業者と連絡が取れなくなるケースがほとんどで、被害の回復は難しいです。
あやしい儲け話には、絶対に耳をかさない、手を出さないことが重要です。

  • 投資にはリスクが伴い、「絶対にもうかる」ということはありません。
  • 「代わりに買って」「名義を貸して」「あなたの名前で買って」などと持ちかけてくる勧誘の電話はすぐに切りましょう。

劇場型勧誘とは

劇場型勧誘は、複数の業者が役回りを分担し、パンフレットを送り付けたり電話で勧誘したりして、消費者があたかも得をするように信じ込ませて実体不明の金融商品などを買わせる手口です。被害者は高齢者が多くなっています。

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

産業経済部産業振興課消費生活センター

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎6階)

電話番号:03-3802-3111(内線:477)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?