更新日:2021年6月9日

ここから本文です。

トイレ修理トラブル

急なトイレの水漏れやつまりで事業者を呼び、高額な請求をされたというトラブルが多発しています!

トイレの水漏れ

トイレ修理トラブル

トイレが詰まり、電話帳で見つけた業者に電話をして来てもらった。急いでいたので料金等は電話で確認しなかった。修理をしてもらったが、結局新しい便器に交換することになり、作業が終わった時点で「20万円」と言われた。すでに作業も終わっていたので仕方なく払ったが、高額だと思う。

アドバイス

  • 広告の表示や電話で説明された料金をうのみにしないようにしましょう。
  • 緊急事態のため急いで契約しがちですが、複数社から見積もりを取って、作業内容や料金をよく確認しましょう。事前に出張や見積もりに掛かる料金の有無を確認することも大切です。
  • 現場の状況次第では、更に修理が必要な場合もあります。作業前に作業内容や料金等を確認し、納得できない場合はその場で契約しないようにしましょう。
  • 可能であれば、一人で判断せず、家族や周りの人に立ち会ってもらいましょう。
  • 困ったときは、消費生活センター等にご相談ください(消費者ホットライン188)。

普段の心がけが大切です

  • 不注意による詰まりも起きています。水に溶けやすいトイレットペーパー以外は流さないようにしましょう。
  • そのまま流せるトイレクリーナーやおしりふきも詰まりの原因となることがあります。トイレが詰まらないように意識をして生活しましょう。
  • 急を要するトラブルに備え、安心して依頼できる事業者の情報を日ごろから集めておきましょう。
  • 自宅の止水栓の位置と締め方を確認しておくとよいでしょう。

関連情報

独立行政法人 国民生活センター 慌てないで! トイレ修理で思わぬ高額請求(外部サイトへリンク)

東京都消費生活総合センター トイレの詰まり解消修理に関する相談が激増しています。 ~思いがけない高額請求にご注意ください~(外部サイトへリンク)

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

産業経済部産業振興課消費生活センター

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎6階)

電話番号:03-3802-3111(内線:477)

ファクス:03-3803-2333

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?