トップページ > 文化・芸術 > 俳句 > さくら投句会

更新日:2021年6月1日

ここから本文です。

さくら投句会

シダレザクラ祭りの開催に合わせて、桜を詠んだ俳句を募集します。
※令和3年度の投句受付は終了しました。

令和3年度 入選発表

たくさんの投句をありがとうございました。入選は下記のとおりです。

特選(1句)

大声を出す寸前の桜かな/坂内時子さん

選評

今年も一途なまでに満開に向かう桜の美しさでした。感嘆の声を出すのがはばかれましたが、ここでは桜そのものが大声を出すのです。「寸前」に、やがて散る花の運命のたかぶりが捉えられています。独特な感性です。(現代俳句協会副会長・対馬康子氏)

入選(5句)

  • 帰り路夜の桜の大人びて/加藤薫さん
  • 落日の都電車庫入れ桜まじ/田中礼子さん
  • 三分の一恋めいて桜餅/檜垣文さん
  • 桜東風母校の門を娘とくぐる/草野道子さん
  • 屋外灯つけつ放して朝桜/近江菫花さん

応募状況

  • 投句数:167句
  • 投句者数:57人
  • テーマ:桜
  • 募集期間:令和3年3月23日(火曜)から4月16日(金曜)まで

過年度の入選句

平成27年度から平成31年度までの入選句は以下のリンクからご覧ください。

入選句(平成27年度~31年度)(PDF:85KB)

関連リンク

シダレザクラお花見会(特設ページ)

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

地域文化スポーツ部文化交流推進課

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号

電話番号:03-3802-3111(内線2522)

ファクス:03-3802-4769

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。