トップページ > 防災 > 家庭の備え > 避難所開設・運営訓練について

更新日:2021年2月4日

ここから本文です。

避難所開設・運営訓練について

一次避難所(小中学校等)を会場として、避難所の開設、避難者となる住民の受け入れ、避難生活を送るための生活基盤の形成に関わる取り組み(資器材の組立てなど)を、地域住民と行政が一体となって訓練します。
※注釈 避難所とは、首都直下地震や大規模水害時において、家屋の倒壊や焼失等が原因で、在宅避難できない方が、共同で避難生活を営む場です。

訓練の目的

首都直下地震などの大規模な災害発生時は、行政自体も被災してしまうため、区が速やかに避難所を開設することや、当初の避難所運営を行うことが困難となる可能性があります。
そのため、地域住民が主体となり、避難所の開設・運営を行うことができるような体制の構築を目指します。

実施内容(一例)

  • 避難所運営本部役員による本部訓練(受付訓練、通信訓練、炊き出し訓練等)
  • 資器材組立て・取り扱い訓練(災害用段ボールベッド、災害用簡易トイレ等)
  • 消防署、消防団指導による応急救護訓練


開会式の様子


資器材(間仕切り)組立て訓練


応急救護訓練(三角巾を用いた包帯法)

令和2年度実施予定

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、令和2年度の避難所開設・運営訓練は中止いたします。

ご自身の一次避難所がわからないときは...

一次避難所は、お住いの町会ごとに異なります。
お住いの町会が、どこの一次避難所に該当するのか、確認しましょう。

荒川区防災地図(地震版)(PDF:3,911KB)

地域の防災訓練について

一次避難所で実施する上記訓練のほか、町会ごとに防災訓練も実施しています。

地域の防災訓練について

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

区民生活部防災課

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎3階)

電話番号:03-3802-3111(代表)

ファクス:03-5810-6262

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。