トップページ > 高齢者 > 高齢者支援・サービス(助成、見守り等) > 荒川区高齢者補聴器購入費助成事業

更新日:2022年6月29日

ここから本文です。

荒川区高齢者補聴器購入費助成事業

加齢による老人性難聴の方を対象に、補聴器の購入費の一部を助成します。

補聴器購入費助成(チラシ)(PDF:519KB)

対象要件

次のすべての要件に該当する方が対象です。

  • 荒川区内に住所を有する満65歳以上の方
  • 住民税が非課税の方(申請が4月から6月の場合は、前年度の住民税で判断します。)
  • 耳鼻咽喉科の医師が補聴器の必要性を認めた方
  • 原則として両耳の聴力レベルが40dB以上70dB未満の方

※一般的には中等度難聴で聞き間違いを感じる方です。

※聴覚障害の手帳をお持ちの方は対象外です。障害者福祉課へご相談ください。

助成内容

助成金の上限額は2万5,000円です。

  • 医療機器である補聴器の本体及び付属品が対象です。
  • 助成は1人当たり1台限りとし、医療機関の受診費や修理、電池交換は自己負担です。

※集音器は対象外です。

助成までの流れ

1 区への相談

はじめに、助成金の申請を希望する方は、区に相談します。(代理可)

区が助成要件を確認し、申請書を配付します。

2 耳鼻咽喉科の受診

申請書を持って耳鼻咽喉科を受診し、医師が補聴器の必要性を認めた場合、申請書内の「耳鼻咽喉科医師の意見欄」に医師が記入します。

3 申請書の提出

「耳鼻咽喉科医師の意見欄」が記載済みの申請書を区に提出します。

4 助成決定

区が申請書を審査後、申請者に助成決定通知書を送付します。

※決定通知書が届いてから補聴器を購入します。

5 補聴器の購入・助成金の請求

 医師から紹介された認定補聴器専門店等から補聴器を購入した後、助成金の請求書を区に提出します。

添付書類

  • 領収書(写し)…領収書の宛名は申請者本人
  • 保証書(写し)又は購入品のわかる書類

6 助成金額の確定及び振り込み

助成金の額を確定し通知するとともに、後日、ご本人の口座に助成金を振り込みます。

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

福祉部高齢者福祉課

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号

電話番号:03-3802-3111(内線)2678

ファクス:03-3802-3123

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。