トップページ > 高齢者 > 認知症・ものわすれ > 「健康長寿社会の実現を目指した研究のための65歳以上調査(認知症研究)」にご協力ください

更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

「健康長寿社会の実現を目指した研究のための65歳以上調査(認知症研究)」にご協力ください

※注釈 終了

荒川区が協力し、慶應義塾大学医学部が実施する認知症研究についてのアンケート調査票を発送しています。
この研究は、急増する認知症の予防とその治療法の開発を目的とし、慶應義塾大学のほか、九州大学、理化学研究所、弘前大学、岩手医科大学などが参加し、全国で調査が行われるものであり、この度、慶應義塾大学から都心部の研究フィールドとして荒川区に協力依頼がありました。
調査協力者には検査結果が後日、郵送で通知されるほか、通常数万円かかる頭部MRI検査(希望者のみ)が無料で受けられますので、是非ご協力をお願いします。
(郵送される封筒はA4サイズで、荒川区と慶應義塾大学のロゴマークが印刷されています。)

対象者

平成28年10月3日時点で65歳以上84歳未満、かつ荒川区に住所をお持ちの方のうち、
無作為抽出された約5,000人の方。

実施時期

平成28年11月下旬からアンケート用紙の発送を開始し、平成30年3月まで順次行います。
調査終了後も、平成33年3月末までの追跡調査を実施予定です。

  • 1回目(平成28年11月28日)1,200人の方に発送(済)
  • 2回目(平成29年1月16日)800人の方に発送(済)
  • 3回目(平成29年5月31日)1,200人の方に発送(済)
  • 4回目(平成29年7月10日)350人の方に発送(済)
  • 5回目(平成29年9月26日)900人の方に発送(済)
  • 6回目(平成29年11月30日)1,350人の方に発送(済)

調査方法及び内容

  1. 無作為抽出された方にアンケート用紙が送付されますので、回答いただきます。
    質問内容は、心理社会的特性、食事習慣、運動習慣等の調査などです。
  2. 1.のアンケートにご回答いただいた方を対象に、実際に身体機能や認知機能の測定、血液採取などを行います。(後日、個別にご案内します。会場:慶應義塾大学病院、首都大学東京など)
  3. さらに、希望者には頭部MRI検査を区内検査機関にて無料で実施します。(後日、個別にご案内します。)

協力を見合わせる方は、アンケート用紙は返信しないで結構です。

調査への協力について

  • 本調査にかかる検査の費用はすべて無料です。
  • 通常数万円かかる頭部MRI検査を無料で受診できます。(希望者のみ)
  • 調査にご協力をいただいた方には、検査結果をお伝えします。ご自身の健康チェックご活用いただけます。

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

福祉部高齢者福祉課高齢者福祉係

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎2階)

電話番号:03-3802-3111(内線:2661)

ファクス:03-3802-3123

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?