トップページ > 交通・コミュニティバス・自転車 > 交通安全 > 東京都自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例

更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

東京都自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例

社会全体で自転車の安全利用を促進することを目的とした「東京都自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」が施行されました。
自転車は様々な用途に利用される便利な交通手段ですが、交通事故の多発や放置自転車等が問題となっています。
そこで、本条例では、自転車利用者の守るべき事項と共に、家庭・事業者・行政等の役割を明らかにしています。

自転車利用者の守るべき事項

  • 自転車の安全利用に必要な技能・知識を習得しましょう。また、児童(18歳未満)の保護者は、児童に交通ルールを教えるなどして、技能・知識を習得させるようにしましょう
  • 都の指針を踏まえて、点検整備を行うようにしましょう
  • 自転車事故に備えた保険に加入するようにしましょう
  • 反射材の利用やヘルメットの着用をしましょう

詳しくは、東京都都民安全推進本部のホームページをご覧ください。(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

区民生活部生活安全課交通安全係

〒116-0002荒川区荒川二丁目25番3号 荒川区役所分庁舎2階

電話番号:03-3802-3111(内線:489)

ファクス:03-3891-8892

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?