トップページ > 子育て > 乳幼児の健康・予防接種 > 予防接種 > おたふくかぜ予防接種費用の助成について

更新日:2021年1月6日

ここから本文です。

おたふくかぜ予防接種費用の助成について

区では、子どもの流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)の予防接種費用の一部を助成しています。

※注釈 おたふくかぜワクチンの接種後、注射生ワクチンの予防接種を受ける際は、接種日の翌日から27日以上の間隔をあけてください。

参考 異なるワクチンの接種間隔について

概要

対象年齢(期間)

生後1歳から小学校に就学する年の3月31日まで

助成回数

1回

助成額

3,500円

※注釈 生活保護世帯の方及び中国残留邦人等支援給付世帯の方の接種費用は全額助成します。

助成の方法

荒川区協力医療機関で接種する場合

各医療機関の定める予防接種料金から助成金額(3,500円)を差し引いた金額をお支払いください(予診票方式)

荒川区協力医療機関一覧は下記PDFからダウンロードできます。

荒川区協力医療機関一覧(おたふくかぜ)(PDF:8KB)

持参するもの

  • 母子健康手帳
  • お子さんの健康保険証
  • 生活保護世帯の方及び中国残留邦人等支援給付世帯の方はそれを証明するもの 例:生活保護世帯票

※注釈 予防接種の予診票は協力医療機関に備えていますので持参の必要はありません。

荒川区外の医療機関で接種する場合

各医療機関の定める予防接種料金を支払い、接種後、助成金の申請を行ってください。後日、指定の銀行口座に振り込みます(償還払い方式)
※注釈 日本国外の医療機関での接種は助成対象となりません。

申請に必要なもの

  • 荒川区任意予防接種費用助成金交付申請書兼請求書(下記からダウンロードできます)
  • 医療機関の領収書(原本に限る)
  • 母子健康手帳(郵送の場合、出生届出済証明欄の写し及び予防接種の記録のわかる欄の写し)
  • 印鑑(郵送の場合、指定の2か所に押印すること)
  • 振込希望先を確認できるもの(郵送の場合、預金通帳の写しなど)
  • 生活保護世帯の方及び中国残留邦人等支援給付世帯の方は証明できる書類の写し

申請回数

1回

申請方法

郵送もしくは健康推進課(がん予防健康づくりセンター2階)に持参

申請期限

接種日より1年以内

申請書ダウンロード

申請書は下記PDFからダウンロードできます。

任意予防接種費用助成金交付申請書(おたふくかぜ)(PDF:215KB)

事故時の補償

荒川区協力医療機関で接種した場合

区内協力医療機関で接種を受けた場合には、区の補償基準に基づき予防接種法による救済措置に準じた措置の対象となる場合があります。また、医薬品の副作用による健康被害として独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に基づく救済措置の対象となる場合があります。

荒川区外の医療機関で接種した場合

独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に基づく救済措置の対象となる場合があります。

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

健康部健康推進課健康推進係

〒116-8507荒川区荒川二丁目11番1号

電話番号:03-3802-3111(内線:433)

ファクス:03-3806-0364

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。