更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

住民税の障害者控除及び非課税

障がい者本人に所得がある場合と障がい者を扶養している場合、所得控除があります。また、障がい者本人の前年の合計所得金額が125万円以下の場合は非課税になります。

対象

  • (1)身体障害者手帳の交付を受けている方(1・2級は特別障がい者)
  • (2)愛の手帳の交付を受けている方(1・2度は特別障がい者)
  • (3)心神喪失の状況にある方(すべて特別障がい者)
  • (4)戦傷病者手帳の交付を受けている方(特別項症から第3項症は特別障がい者)
  • (5)原爆被爆者で厚生労働大臣の認定を受けている方(すべて特別障がい者)
  • (6)精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方(1級は特別障がい者)
  • (7)常に寝たきりで複雑な介護が必要な方(すべて特別障がい者)
  • (8)65歳以上で福祉事務所長から1か2の障がいに準ずると認定された方(年齢は12月31日現在です)

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

区民生活部税務課税務係

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎2階)

電話番号:03-3802-3111(内線:2316~2319、2321~2323)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?