トップページ > 防災 > 水害に備えて > 要配慮者利用施設における避難確保計画の作成について

更新日:2021年6月7日

ここから本文です。

要配慮者利用施設における避難確保計画の作成について

概要

平成28年8月の台風10号では、岩手県の小本川が氾濫し、沿川の高齢者福祉施設において、9名の方が亡くなるという被害が発生しました。
こうした水害を背景に、平成29年6月19日に「水防法」及び「土砂災害防止法」が改正され、浸水想定区域や土砂災害警戒区域内の要配慮者利用施設の所有者または管理者に対し、避難確保計画の作成及び避難訓練の実施が義務付けされました。
浸水想定区域または土砂災害警戒区域内にある要配慮者利用施設の所有者または管理者の方は、以下を参考に避難確保計画を作成の上、荒川区へ提出していただくようお願いいたします。

対象施設

浸水想定区域や土砂災害警戒区域内にある要配慮者利用施設

浸水想定区域及び土砂災害警戒区域

荒川区における浸水想定区域や土砂災害警戒区域については、荒川区で作成している「荒川区防災地図(水害版)」及び「荒川区土砂災害ハザードマップ」をご確認ください。

避難確保計画の作成方法

避難確保計画を作成いただくため、区では国土交通省が作成した避難確保計画の作成に関する手引きを参考に、荒川区版の避難確保計画作成の手引き・ひな形等を作成しています。施設の所有者または管理者は、以下の添付資料をご参照のうえ、避難確保計画を作成してください。

避難確保計画の提出方法

「避難確保計画作成(変更)報告書」を添えて、避難確保計画を防災課(区役所3階)へ提出してください。

提出物

  • 避難確保計画作成(変更)報告書
  • 避難確保計画 様式1から様式5

※注釈1 自衛水防組織を設置する場合、様式6及び別添・別表1・別表2も合わせてご提出ください。
※注釈2 様式7以降は提出不要です。各施設において適切に管理してください。
※注釈3 提出後、様式1から様式5に内容変更がある場合は、改めて提出物一式をご提出ください。

提出先

荒川区区民生活部防災課

※注釈 いずれかの方法でご提出ください。

情報収集ツール

迅速な避難のためには、気象情報や水位情報を常に確認できる体制を整える必要があります。「荒川区メールマガジン」では、気象警報や避難情報等を携帯電話やパソコン等に電子メールでお知らせしています。是非ご登録ください。また、スマートフォンやタブレットから災害時の避難方法や避難場所を確認できる「荒川区防災アプリ」を配信していますので、こちらも併せてダウンロードをお願いします。

「荒川区メールマガジン」の登録方法

【参考】非常災害対策計画について

厚生労働省により、地震・火災・水害等の各災害に対応する「非常災害対策計画」の作成が各施設・事業所の管理者に義務付けられています。荒川区における「非常災害対策計画」の作成方法については、以下をご確認ください。
※注釈 「非常災害対策計画」についてご不明点等ございましたら、区の各担当課にお問い合わせください。

関連情報

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

区民生活部防災課防災管理係

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎3階)

電話番号:03-3802-3111(内線:492)

ファクス:03-5810-6262

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。