トップページ > 防災 > 水害に備えて > 避難方法を確認しましょう

更新日:2021年5月20日

ここから本文です。

避難方法を確認しましょう

避難場所における密集回避にご協力をお願いします

 大型台風の上陸等により荒川が氾濫する可能性がある場合、区では避難場所を開設しますが、避難場所に多くの方が避難すると人が密集する状況が発生し、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の危険性が高まってしまいます。

 感染拡大を防ぐため、まずは浸水の恐れがない親戚・知人宅等への避難自宅の浸水の恐れがない階層への避難等を最優先に考え、避難場所における密集回避にご協力をお願いいたします。

 以下のフロー図を参考に、ご自身がとるべき避難方法を確認しておきましょう。

 避難方法フロー図(PDF:386KB)(別ウィンドウで開きます)

 荒川区防災地図(水害版)

 水害時に区が開設する避難場所一覧

避難時の注意点

  • 風雨が強くなってからの避難は危険ですので、早めの避難行動を心掛けましょう。
  • 自宅に浸水の恐れがない階層があれば、可能な限り自宅に留まりましょう。
  • 避難する際には動きやすい服装で、二人以上で行動しましょう。
  • 区が開設する避難場所に避難する際には、飲料水・食料・タオル・着替え・携帯バッテリー等、各自で必要となるものをご持参ください。また、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、マスクの着用をお願いします。

ペットの避難について

  • 区が開設する避難場所のスぺ―スには限りがあります。また、避難する方の中には動物アレルギーを持つ方もいます。ペットを飼育している方は、事前に浸水しない地域でのペットの避難先の確保自宅等に留まる場合に備えた準備をし、避難場所への避難はできるだけ控えてください。
  • やむを得ず、避難場所へ避難する場合は、ケージ、水やえさ等を持参しましょう。

風水害時における避難情報の名称が変わりました

 令和3年5月20日付で、災害対策基本法の一部を改正する法律が施行されたことに伴い、水害や土砂災害が発生する恐れがある時に区が発令する避難情報の名称が変更となりました。

 区が発令する避難情報は、警戒レベル3高齢者等避難、警戒レベル4避難指示です。警戒レベル5緊急安全確保は、すでに災害が発生している状況です。高齢者や障がいがある等、避難に時間のかかる方は、警戒レベル3高齢者等避難の発令により、避難してください。

hinanjouhou

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

区民生活部防災課

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎3階)

電話番号:03-3802-3111(代表)

ファクス:03-5810-6262

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。