ここから本文です。

緊急一時保育

保護者の入院、出産、死亡等により、緊急かつ一時的に保育を必要とする生後3カ月から小学校就学前までの集団保育が可能な乳幼児を、一時的に保育する制度です。
区内在住の親元で出産される場合の利用も可能です。

※注釈1 あくまでも保護者が保育できない緊急の状況がある場合のみの一時保育です。保育を必要とする状況の確認のため、保護者に直接お話をお伺いしたり、診断書や母子手帳の写し等の提出をお願いしています。

※注釈2 区内の認可保育園、認証保育所で実施していますが、定員の空き状況によっては、ご希望の保育園を紹介できない場合があります。

対象児童

保護者の入院、出産、死亡等により、緊急かつ一時的に保育を必要とする生後3カ月から小学校就学前までの集団保育が可能な区内在住の乳幼児。
ただし、区外在住の方でも、区内に在住している親元で出産される方のお子さんは対象になります。

利用期間

保育を必要とする期間(入院期間等)で原則1カ月間です。

※注釈1 出産での利用の場合、お預かりできる期間は出産予定日をはさんだ1カ月間です。産前又は産後のみに利用する場合は、医師の診断書が必要です。
※注釈2 1カ月以上の入院、不在等で保育期間の延長が必要となる場合はご相談ください。

保育時間

午前9時から午後5時まで
(やむを得ない場合のみ、時間外保育を実施します。ただし、追加料金が発生します。また、園によっては実施できない場合があります。)

保育日

次の日を除く毎日

年末年始、日曜及び国民の祝日に関する法律で定めた休日

手続き

  1. 荒川区役所2階保育課入園相談係に、乳幼児本人を連れて、お申込みください。
    ※注釈 利用を希望する1か月前から受け付けます。できるだけ事前にご相談ください。
    【提出書類】
    • 申請書(下記からダウンロードもできます)
    • 印鑑
    • 保育を必要とする状況を証明する書類
      (診断書等。出産の場合は母子手帳をお持ちください。)
  2. 紹介した保育園に、母子手帳、健康保険証及び乳幼児医療証、印鑑を持参し、乳幼児と一緒に面接及び説明を受けて下さい。協議がまとまりましたら、児童委託契約を結んで下さい。(この契約書には、両者が守るべき事柄の約束事項が記載されています。)

保育料

  • 区内児 1日 1,500円(時間外30分につき150円)
  • 区外児 1日 2,500円(時間外30分につき150円)

保育料は利用した月ごと(月末締め)に計算し、翌月中旬に納付書を送付します。最寄りの金融機関で納めてください。
※要件を満たせば、保育料の減免または保育料無償化の対象となります。詳細は区保育課へお問い合わせ下さい。

添付ファイル

問い合わせ先

※注釈 お申し込みは電話、メール等ではできません。

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

子ども家庭部保育課入園相談係

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎2階)

電話番号:03-3802-3111(内線:3825)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。