トップページ > 子育て > 保育園・幼稚園など > 一時保育・病児保育・預かり事業 > 令和2年度一時預かりベビーシッター利用支援事業

更新日:2020年9月11日

ここから本文です。

令和2年度一時預かりベビーシッター利用支援事業

 日常生活上の突発的な事情等により一時的にベビーシッターによる保育を必要とする保護者や、ベビーシッターを活用した共同保育を必要とする保護者が、本事業の参画事業者として東京都の認定を受けたベビーシッター事業者に属している認定ベビーシッターを利用する際に、その利用料を助成するものです。

対象者

 0から2歳児クラスの子ども

※注釈 保育認定の有無を問わないので、保育園に通っていない児童も対象です。 

助成内容

 1時間あたり2,500円を上限

ベビーシッター事業者から請求される料金のうち、純然たる保育サービス提供対価のみが対象です。

(入会金、会費、交通費、キャンセル料、保険料、おむつ代等の実費等、サービス提供に付随する料金は対象外です)

利用可能時間

 月曜から土曜(日曜・祝日を除く)の午前7時から午後10時までのうち、1か月あたり8時間(多胎児は月16時間)まで

 

※注釈 上記以外の内容につきましては、現在調整を行っております。

対象事業者や補助金の申請方法等その他詳細については、決定次第、区のホームページに掲載を致します。

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

子ども家庭部保育課保育管理係

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎2階)

電話番号:03-3802-3111(代表) 内線3822

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?