トップページ > 高齢者 > 高齢者の健康づくり > 【休止】荒川ころばん体操(荒川版転倒予防体操)

更新日:2021年8月21日

ここから本文です。

【休止】荒川ころばん体操(荒川版転倒予防体操)

荒川ころばん体操は、新型コロナウイルス感染症対策として、各会場に定員を設け、事前登録制で実施していますが、感染者数の増加に伴い、9月より当面の間休止いたします。お知り合いの方にもご周知ください。今後の再開予定は、順次ご案内します。
なお、令和3年度後期(令和3年10月から令和4年3月末まで)の登録受付は終了しました。


荒川ころばん体操(町屋ふれあい館)

荒川ころばん体操とは

荒川区と首都大学東京(現 東京都立大学)が共同開発したオリジナルの転倒予防体操です。足腰の筋力と柔軟性を高め、バランス能力が向上し、転倒やそれにともなう寝たきりを予防します。また、体操中の歌や手足の組み合わせ運動で脳が活性化することもわかっています。
区内26会場あり、無料で参加できます。体操のほかレクダンスなども行なっており、健康に役立つ情報も知ることができます。

荒川ころばん体操の特色

  • お金がかからない
  • 器具を使用しない
  • 音楽に合わせて
  • 楽しく続けられる
  • 効果が期待できる(週2回、3ヶ月以上継続してください)
  • 体操時間は18分
  • 深呼吸しながら運動します
  • グループで運動できる
  • 家庭でもできる(CD・DVDもご利用ください)


荒川ころばん体操風景(町屋ふれあい館)

荒川ころばん体操のねらい

  • 足、腰、腹部の筋力アップやバランス感覚の向上、歩行能力の改善をはかる
  • 身体機能が向上し、生活機能が拡大するほか、生活の活動範囲が広がる 

参加者の声

  • 杖をつかずに歩けるようになった
  • 階段の昇降が楽になった
  • 足腰が軽くなった
  • たくさんの友だちができた
  • ころばんに通うことで、生活が規則正しくなった など

会場(一部会場で再開、事前登録制)

南千住地区

  • 南千住ふれあい館(募集終了)
  • 汐入ふれあい館(募集終了)
  • 南千住駅前ふれあい館(募集終了)
  • 石浜ふれあい館(募集終了)
  • 癒しの里南千住(休止中)

荒川地区

  • なごみ三河島(休止中)
  • 花の木ハイム荒川(休止中)
  • 荒川さつき会館(募集終了)
  • 荒川山吹ふれあい館(募集終了)
  • 峡田ふれあい館(募集終了)
  • 生涯学習センター(募集終了)

町屋地区

  • 町屋ふれあい館(募集終了)
  • 荒木田ふれあい館(募集終了)
  • さくら館(休止中)
  • 町屋通所サービスセンター(休止中)
  • おたけの郷(休止中)

尾久地区

  • 男女平等推進センター(アクト21)(募集終了)
  • 東京都立大学荒川キャンパス(休止中)
  • 尾久ふれあい館(募集終了)
  • 信愛のぞみの郷(休止中)
  • 西尾久ふれあい館(募集終了)

日暮里地区

  • 日暮里ひろば館(募集終了)
  • 日能研(西日暮里校)(休止中)
  • 西日暮里ふれあい館(募集終了)
  • 東日暮里ふれあい館(募集終了、館の都合により活動は令和4年1月からになります)
  • 夕やけこやけふれあい館(募集終了)

その他

上記のほか、以下の会場でも行なっています。日程や時間については各会場にお問い合わせください。

  • 東尾久三丁目ひろば館 電話:03-3895-3448
  • 荒川生協診療所 電話:03-3913-9100
  • 諏訪台ひろば館 電話:03-3823-6097
  • 荒川老人福祉センター(60歳以上で老人福祉センターの利用登録をしている方のみ) 電話:03-3802-1666

会場における感染対策

荒川ころばん体操は、十分な感染対策をとった上で実施しています。詳細は下記のチラシをご参照ください。

ころばん体操に参加する皆様へ(PDF:487KB)

荒川ころばん体操に参加される方へのお願い

会場のお休みについて

新型コロナウイルス感染症の状況によっては、お休みになることもあります。

台風や雪の日など足元の悪い日、または、行事等でお休みになることがあります。

判断に迷うときは、ころばん体操担当へお問合わせください。

安全に体操するために

  • 内科や整形外科等に通院している方は、主治医に体操参加について相談をしてください。
  • 体調が悪い時には無理をせず、お休みしましょう。
  • コロナウイルス感染予防のため、発熱、咳などがある時は参加できません。受診して回復してからご参加ください。
  • 体操前の血圧測定で、血圧の上が180mmHg以上または下が110mmHg以上、脈拍が110回以上または40回以下のような時は、再度測定し、同じ状況にあるときは体操を控えましょう。
  • 関節痛、腰痛などの慢性的な症状の悪化、動悸、息切れ、胸やお腹が痛い、発熱、体がだるい、不眠、めまいなどの症状がある時は体操を控えましょう。

体操をするときに必要なもの

  • 水分(こまめな水分補給が必要です)
  • 運動靴(上履き)、汗拭きタオル
  • セラバンド(初回参加時にお渡しします)

※注釈 初めて参加される時は、参加者登録が必要になります。

施設の利用にあたり

  • 各施設の利用上の注意を遵守してご利用ください。
  • マスクの着用をお願いします。
  • 準備や整理は全員で行ないましょう。
  • 自転車は決められた場所にとめましょう。
  • 喫煙は決められた場所でお願いします。

荒川せらばん体操

ゴム製のバンドを使って運動することで、筋力をアップさせます。
各ころばん体操会場で行なっています。


荒川せらばん体操風景(町屋ふれあい館)

荒川ころばん体操・荒川せらばん体操の解説書

下記PDFからダウンロードできます。

荒川区健康づくり体操解説書(PDF:14,872KB)

  • 荒川ころばん体操は9から14ページ
  • 荒川せらばん体操は15から17ページ

荒川ころばん体操のCD・DVD

荒川ころばん体操・荒川せらばん体操のCD・DVDを有償(CD100円、DVD650円、送料別)にて頒布しています。
※注釈 あらみん体操を含む3つの区オリジナル体操が収録されています。ご希望の方は、総務企画課情報提供コーナー(内線:3719)までお問い合わせください。

荒川区健康づくり体操DVD

荒川ころばん体操・荒川せらばん体操の視聴

パート別荒川ころばん体操(各パート約3分)


第1パート【1体幹の屈伸】から【6膝の伸展】(解説書9ページ)

 


第2パート【7深呼吸】から【12立ち上がり・座り込み】(解説書10から11ページ)

 


第3パート【13体幹の後屈】から【18ハムストリングス・アキレス腱のストレッチ】(解説書11から12ページ)

 


第4パート【19深呼吸】から【24深呼吸】(解説書12から13ページ)

 


第5パート【25股間節の伸展】から【30対角背筋運動】(解説書13から14ページ)

 


第6パート【31歩行】から【36深呼吸】(解説書14ページ)

 

荒川区健康づくり体操解説書(PDF:14,872KB)

荒川区健康づくり体操解説書

ケーブルテレビで「荒川ころばん体操」を放送しています

荒川ころばん体操は、ケーブルテレビの荒川区制作広報番組「こんにちは荒川区」の1コーナーとして放送しています。荒川ころばん体操の全工程を6回に分けて紹介しますのでぜひご覧ください。

「こんにちは荒川区」番組表

関連リンク

今できる、健康づくり【荒川ころばん体操リーダーからのあなたへのメッセージ】

自宅でのおすすめエクササイズ「あらみん体操」(動画と音楽が視聴できます)

シニア世代のための健康づくり(一般介護予防事業)

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

健康部健康推進課保健相談担当

〒116-8507荒川区荒川二丁目11番1号

電話番号:03-3802-3111(内線:432、434)

ファクス:03-3806-0364

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。