トップページ > 高齢者 > 高齢者の健康づくり > シニア世代のための健康づくり(一般介護予防事業)

更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

シニア世代のための健康づくり(一般介護予防事業)

荒川区では、区内在住の65歳以上の全ての方を対象とした「一般介護予防事業」を実施しています。
主に高齢者を対象とした「荒川ころばん体操・せらばん体操」は、ころばんリーダーによって区内26会場で開催されているほか、65歳以上の方を対象とした運動器機能向上・低栄養予防・口腔機能向上・認知症予防の教室や各種講演会を実施しています。
いつまでも健康でいきいきとした生活を送れるよう、一緒に健康づくりに取り組みましょう。気軽にご参加ください。

荒川ころばん体操

荒川ころばん体操は、平成14年に、区民と荒川区、首都大学東京健康福祉学部(山田研究室)が共同で開発したオリジナルの転倒予防体操です。
足腰の筋力と柔軟性を高め、バランス能力が向上して姿勢も良くなり、転倒や寝たきりを予防します。また、体操中の歌や手足の組み合わせ運動で脳が活性化することもわかっており、認知症予防にも役立つ楽しい体操です。
区内に26会場あり、無料で参加できます。会場によって体操のほかレクダンスなども行っており、健康に役立つ情報も知ることができます。お近くの会場に直接お越しください。

ころばん体操を行っている写真
ふれあい館での荒川ころばん体操の様子

詳しくは、下記リンク先をご覧ください

荒川ころばん体操の会場・日程等(荒川ころばん体操のページ)

問合せ先

健康推進課
電話:03-3802-3111(内線:432)

荒川せらばん体操

ゴム製のセラバンドを使う筋力トレーニングです。ゆっくりした音楽に合わせて無理なく筋力アップができます。ころばん体操の会場で行っています。

詳しくは、下記リンク先をご覧ください

荒川せらばん体操の会場・日程等(荒川ころばん体操のページ)

問合せ先

健康推進課 
電話:03-3802-3111(内線:432)

あらみん体操(5分でできる 荒川どこでもみんなでころばん体操)

あらみん体操は、平成28年度に、区民と荒川区、首都大学東京健康福祉学部(山田研究室)が共同で開発した体操です。
道具を使わず、5分間と短いので、自宅や町会活動の合間に、運動前後の準備体操・整理体操として、どこでも手軽にできるのが特徴です。
「ストレッチ」「筋トレ」「バランス」「エアロビクス」の要素が入った15種類の動作で、全身を使った運動ができます。


あらみん体操のロゴマーク

詳しくは下記のリンク先をご覧ください

あらみん体操(5分でできる 荒川どこでもみんなでころばん体操)

問合せ先

健康推進課
電話:03-3802-3111(内線:432)

健康づくり講座

シニア向け健康づくり講座(フレイル予防対策)

「フレイル」とは、「健康」と「要介護」の中間で、筋力や心身の活力が低下した病態のことを言います。「フレイル」は、要介護に移行するリスクが高い一方、適切な健康管理で回復でき、次の3つの要素が含まれています。

  1. 独居や閉じこもりを背景にした「社会的フレイル」
  2. 筋力低下などが起きる「身体的フレイル」
  3. 認知機能の低下や鬱から起きる「精神的フレイル」

区では、運動や栄養の講座を通して、フレイルを予防するためのポイントをお伝えします。

尿トラブル予防の体操

尿トラブルがあると外出がおっくうになりがちです。これを予防するには骨盤底筋を鍛えたり、足の筋肉を強くする運動を生活の中に取り入れることが有効です。体操を行って、尿失禁などの尿トラブルを予防し、いきいきと過ごしましょう。


尿トラブル予防講演会

ひざ痛予防体操DVD

ひざ痛予防体操DVDを販売しています。ご希望の方は、情報提供コーナーにお問い合わせください。
情報提供コーナー(区役所地下1階)
電話番号:03-3802-3111(内線:371)

どこでも健康教室

町会や高齢者クラブ、サークル活動の場所など、皆さんの身近な場所に保健師等が出向き、生活習慣病予防やご希望の健康テーマに沿った教室や健康相談を実施します。
※注釈 内容や時期は、1か月前までにご相談ください。

問合せ先

健康推進課
電話:03-3802-3111(内線:432)

口腔保健講演会・低栄養予防講演会

口腔保健講演会

お口と全身の健康は大きく関わっています。また、お口の健康が、運動や認知機能に影響を与えていることも分かっています。
お口が元気で、いきいきとした生活を送るためのヒントをわかりやすく説明します。


口腔保健講演会の様子

低栄養予防講演会

高齢期になると、少食やあっさりした食事を好むようになりがちです。このような食習慣は、低栄養状態を招き、老化や衰弱の一因となります。低栄養を防いで、老化を遅らせるための食生活について学びます。

問合せ先

高齢者福祉課
電話:03-3802-3111(内線:2666)

出張健康教室(口腔・栄養・認知症予防)

町会やサークル、サロンなどで、管理栄養士や歯科衛生士が出張教室を実施します。町会、サークルなどの代表者の方は、ご相談ください。
※注釈 日程調整のため、1か月前までにご相談ください。

問合せ先

高齢者福祉課
電話:03-3802-3111(内線:2666)

理学療法士・作業療法士の訪問指導事業

理学療法士又は作業療法士が自宅を訪問し、体の動かし方や日常生活改善のための環境調整、練習方法について助言をします(予約制)。家族や関係者も一緒に相談することができます。
利用を希望する場合は、お住まいの地域の地域包括支援センターや担当ケアマネジャーにご相談ください。

問合せ先

高齢者福祉課
電話:03-3802-3111(内線:2666)

健康アップステーション・介護予防教室(荒川老人福祉センター)

健康アップステーション

荒川老人福祉センター4階で、週4日(火・木・金・土)、午後1時から3時まで開設しています。体重・筋肉量・推定骨量等の詳細な体組成や血圧が計測でき、専門相談員に健康づくりや介護予防に関する相談ができるほか、ミニ講座も毎月開催しています。


健康アップステーションの様子

介護予防教室(登録制)

60歳以上の区民の方を対象に、運動を中心とした介護予防プログラム(ピラティスやストレッチ、リハビリエアロビクス等)を実施しています。概ね週1回、半年間の教室です。

会場は下記のリンク先をご覧ください

荒川老人福祉センター

問合せ先

荒川老人福祉センター
電話:03-3802-1666

認知症予防教室(はつらつ脳力アップ教室)(登録制)

健康体操、創作活動、ゲームなどを行い、楽しみながら脳の活性化を図ります(週1回、5か月間)。区内5か所で開催しています。

※注釈 介護認定を受けていない、概ね65歳以上の方が利用できます。
※注釈 参加費は無料(1回あたり300円以内の材料費の負担があります)。


認知症予防教室の様子

問合せ先

高齢者福祉課
電話:03-3802-3111(内線:2666)

認知症予防講演会・認知症介護教室

認知症予防講演会

専門講師による、認知症について理解を深め、予防の方法について学ぶことを目的とした講演会です。

認知症介護教室

精神科医師や介護の専門家による、認知症の方を介護している区民などを対象とした教室です。
また、介護者の会の紹介なども行います。

問合せ先

高齢者福祉課
電話:03-3802-3111(内線:2666)

ふれあい粋(いき)・活(いき)サロン

一人暮らしの高齢者や高齢者のみの世帯、家族がいても日中は一人で過ごしているなど、家に閉じこもりがちで話し相手がいない方のためのサロンです。
商店街や町会事務所などの身近な場所で、楽しくおしゃべりをしたり、お茶を飲んで過ごします。

詳しくは下記のリンク先をご覧ください

荒川社会福祉協議会:ふれあい粋・活(いきいき)サロン(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

問合せ

荒川区社会福祉協議会
電話:03-3802-3338

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

福祉部高齢者福祉課介護予防事業係

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎2階)

電話番号:03-3802-3111(内線:2666)

ファクス:03-3802-3123

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?