トップページ > 障がい者 > 障がい者医療・医療費助成 > 出産や手術で大量出血した方等へ(C型肝炎特別措置法)

更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

出産や手術で大量出血した方等へ(C型肝炎特別措置法)

平成6年(1994年)頃までに出産や手術による大量出血などの際に、血液から作られた医薬品(フィブリノゲン製剤・血液凝固第9因子製剤)が使用されたことによって、C型肝炎ウイルスに感染された方へのお知らせです。
感染被害者の方々に対し、「C型肝炎特別措置法」に基づき、給付金の支給が行われています。
給付金の支給を受けるためには国を相手に裁判をする必要があります。訴訟提起期限は令和5年1月16日までとなっています。

詳しくは、厚生労働省のホームページ及び政府広報オンラインをご覧ください。

問合せ先

厚生労働省フィブリノゲン製剤等に関する相談窓口
フリーダイヤル:0120-509-002
受付時間:午前9時30分から午後6時まで(土曜・日曜・祝日・年末年始を除く)

関連情報

無料で肝炎検査を実施しています(荒川区)

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

福祉部障害者福祉課こころの健康推進係

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎1階)

電話番号:03-3802-3111(内線:2378、2692)

ファクス:03-3802-0819

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?