ここから本文です。

染織・刺繍

手描友禅(てがきゆうぜん)

井出英世(いでひでよ)さん

昭和25年生まれ(西尾久一丁目3番10号)
日本を代表する染物、友禅染めは、貞享年間(1684から87)、京都の絵師・宮崎友禅齋によって創始されたといわれる。友禅の中でも単彩で粋な意匠を特色とするのが江戸の友禅である。
井出さんは、18歳のとき、国の重要無形文化財保持者である山田貢氏に師事し、1年間の住み込みの後、9年間の通いで修業を積んだ。糸目糊をおく糸目友禅を専らとする。
平成4年度「日本伝統工芸展」に初入選し、昭和56年と平成2年の日本工芸会工芸技術保存事業「茶屋染帷子の復元」に参加、平成元年と8年の日本伝統工芸展特別陳列に参加した。平成14年度、荒川区登録無形文化財保持者に認定。

笠原以津子(かさはらいつこ)さん

昭和35年生まれ(荒川三丁目61番4号-1203)
笠原さんは、23歳のとき、無線友禅友禅の内山晴高氏に師事し、技術を修得。その後、糸目友禅の技術を修得するため、元東京都伝統工芸士の早坂優氏にも指導を受ける。描く絵模様は花が中心で、得意な花は桜。無線友禅の技術を生かした写実的な作品が多い。
平成7年東京都青年部卓越技能賞を受賞。
平成27年度、荒川区登録無形文化財保持者に認定。

更紗染(さらさぞめ)

真田定男(さなださだお)さん(更甚)

昭和4年生まれ(東尾久四丁目18番12号)
渋い色彩と細かい模様を基調とし、作品には主に着尺・小物(壁掛け)が多い。図柄が彫られた型紙を使用し、何回も摺りを繰り返す。多いものになると数百回にもなるという。
真田さんは、18歳のとき、この江戸更紗の修業を始め、のち独立して2代目更甚を継いだ。後継者には、描更紗を専らとする子息の貴司氏がいる。
昭和61年度、荒川区登録無形文化財保持者に認定。平成13年度、荒川区指定無形文化財保持者に認定。昭和61年度の叙勲で黄綬褒章を受賞した。

関連情報

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

地域文化スポーツ部生涯学習課荒川ふるさと文化館

〒116-0003荒川区南千住六丁目63番1号

電話番号:03-3807-9234

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?