ここから本文です。

看板文字

勘亭流文字・寄席文字・江戸文字(かんていりゅうもじ・よせもじ・えどもじ)

中村泰士(なかむらやすひと)さん(荒井三鯉・橘右橘)

昭和27年生まれ(東日暮里五丁目25番5号)
中村さんは「江戸文字」と総称される江戸のデザイン文字のうち、勘亭流文字・寄席文字・江戸文字を書く。勘亭流文字は歌舞伎文字とも言われる。寄席文字は勘亭流文字と提灯文字が組み合わされて生れた寄席の「ビラ字」が源流。「江戸文字」はこれらの文字の総称と別に、千社札に書く文字のことも意味する。
中村さんは、寄席文字を「ビラ辰」の流れをくむ寄席文字家元の橘右近氏の下で修業し、「橘右橘」の号を受けた。また、勘亭流文字は、2代目荒井三禮(故人、上野庄吉氏、元荒川区指定無形文化財保持者)に師事し、平成6年に「荒井三鯉」と号するようになった。
平成14年度に荒川区登録無形文化財保持者に認定。

提灯文字・地口絵(ちょうちんもじ・じぐちえ)

村田修一(むらたしゅういち)さん(瑞龍(地口絵))

昭和30年生まれ(南千住二丁目29番6号)
村田さんは祖父の開いた「泪橋の大嶋屋」の3代目である。
昭和48年から父・欣一氏(故人、元区登録無形文化財保持者)について修行し、技術を受け継いだ。地域の祭礼の提灯のほか、歌舞伎の小道具の「書き物」も手がけている。
地口絵の技術は、格言やことわざの駄洒落を戯画にしたものです。台東区の凧絵師の今井鉄蔵氏に付いて技術を修得しました。毎年2月の千束稲荷神社(台東区)の初午祭で飾られる地口行灯の絵を描いている。
平成19年度に荒川区登録無形文化財保持者に認定。

提灯文字(ちょうちんもじ)

前森宏之(まえもりひろゆき)さん

昭和38年生まれ(町屋五丁目18番12号402)
前森さんは祖父の開いた前森商店の3代目で、荒川六丁目の商店兼工房で、祭礼や葬儀や商店の看板用の提灯製作を行う。昭和60年から父・英世さん(故人、元荒川区指定無形文化財保持者)について修行し、技術を修得した。また、寄席文字を中村泰士氏(橘右橘、荒川区登録無形文化財保持者)や勘亭流文字を上野庄吉氏(二代目荒井三禮、元荒川区指定無形文化財保持者)から学んだ。平成28年度、荒川区登録無形文化財保持者に認定。

関連情報

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

地域文化スポーツ部生涯学習課荒川ふるさと文化館

〒116-0003荒川区南千住六丁目63番1号

電話番号:03-3807-9234

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?