トップページ > まちづくり・土木 > 建築・開発・解体 > 建築物における液状化対策について

更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

建築物における液状化対策について

平成23年3月の東日本大震災では、震源から遠く離れた東京都内でも、地盤の液状化により木造住宅が傾く等の被害が発生しました。

東京都では、地盤の液状化による被害を踏まえ、液状化対策について検討を進めてきましたが、このたび、建築物における液状化対策がまとまりましたので、以下よりご確認ください。

建築物における液状化対策

液状化対策の参考となるデータ

液状化予測図(液状化マップ)

東京の液状化予測(東京都土木技術支援・人材育成センター)(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

地盤柱状図(ボーリングデータ)

東京の地盤柱状図(東京都土木技術支援・人材育成センター)(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

過去の地形図

過去の地形図(国土地理院)(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

防災都市づくり部建築指導課構造・設備審査係(構造担当)
〒116-8501荒川区荒川二丁目11番1号(北庁舎3階)
電話番号:03-3802-3111(内線:2847)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?