更新日:2021年8月25日

ここから本文です。

放置自転車対策

放置自転車ゼロの実現へ

区では、駅周辺の放置自転車対策として、自転車等駐車場の整備や放置の規制及び啓発活動などに、地域の人たちの協力を得て積極的に取り組んできました。その成果も少しずつ現れ、区内の放置自転車は、減少傾向にあります。
しかし、放置自転車が完全に無くなったわけではありません。放置自転車は歩行者の安全な通行を妨げるだけでなく、緊急車両の通行の支障や町の美観を損ねる要因にもなります。

「私の1台は大丈夫」と軽い気持ちで放置すると、次の放置自転車を誘発してしまいます。短時間であっても、駐輪場に止めるようご協力をお願いいたします。

自転車の放置

自転車の放置とは、道路や公園、駅前広場などの公共の場所において自転車等(自転車や原動機付自転車)を置き、その場を離れ自転車等を直ちに移動することが出来ない状態を言います。

放置自転車の撤去

放置禁止区域内

南千住駅、町屋駅、日暮里駅、西日暮里駅、三河島駅、熊野前駅、赤土小学校前駅の駅周辺を、自転車等の放置禁止区域に指定しています。
放置禁止区域内においては、警告札を取り付けた上、放置自転車の即日撤去を定期的に行っています。

放置禁止区域図(PDF:913KB)

放置禁止区域外

放置禁止区域外については、警告札取付後、3日経過後に放置自転車の撤去を行っています。

なお、令和3年7月31日までは、警告札取付後、7日経過後に撤去を行っておりましたが、令和3年8月1日から3日経過後に短縮しています。

撤去した自転車等の保管・返還

撤去した自転車等は三河島自転車保管場所に2カ月間保管し、所有者に返還しています。撤去された自転車等を引き取るには、自転車は5,000円、原動機付自転車は7,500円の撤去手数料が必要です。

なお、保管期限が経過しても引き取りがない場合は、条例に基づき処分します。

撤去された自転車等の返還方法

自転車駐車場や自転車置場の利用案内

区では、放置自転車対策及び自転車利用者の利便性向上を目的として、駅周辺に自転車駐車場や自転車置場を整備しています。場所や利用方法については、下記のページをご覧ください。

自転車等駐車場の利用案内

令和3年度自転車置場の利用案内

自転車駐車場の一時利用は、2時間まで無料です

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

防災都市づくり部土木管理課自転車対策係

〒116-8502荒川区荒川二丁目11番1号(北庁舎2階)

電話番号:03-3802-3111(内線:2716、2717)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。