トップページ > 妊娠・出産 > 申請・手続き > 妊娠届出書と母子健康手帳

更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

妊娠届出書と母子健康手帳

妊娠された方は、妊娠届出書を提出してください。
母子健康手帳と様々な保健サービスの案内が入った「母と子の保健バッグ」をお渡しします。

ゆりかご面接にお越しください(内部リンク)

荒川区では、2019年4月以降に妊娠届出書を提出された全ての妊婦さんを対象に、保健所の助産師や保健師による面接・相談(ゆりかご面接)を行っています。
保健所では妊娠届出書の提出とゆりかご面接が同時に行えますので、是非保健所をご利用ください。
詳しくは上記のリンク先をご参照ください。

届出場所

  • 荒川区保健所健康推進課健康推進係(がん予防・健康づくりセンター2階)
    開庁時間:平日午前8時30分から午後5時15分まで
    ※注釈 月1回程度、休日(土曜又は日曜)に事前予約制で届出の受付を行っています。詳しくはお問い合わせ先までご連絡ください。
  • 区民事務所(区民事務所
    開庁時間:各区民事務所のページをご参照ください。

手続きの方法

上記の届出場所に「妊娠届出書」をご提出ください。
なお、妊娠届出書には、妊娠週数、分娩予定日、診断の有無(施設名、所在地、担当医)を記入しますので、確認の上、届け出てください。

個人番号について

平成31年4月1日から、妊娠届出書に個人番号の記載欄が追加されます。
届出時に下記(1)及び(2)の書類を確認いたしますので、妊娠届出書とあわせてご提示ください。

(1)妊婦本人の番号確認書類

個人番号カード、個人番号通知カード、住民票(個人番号記載のもの)のうちいずれか1点

(2)窓口にお越しになる方の身元確認書類(以下のAまたはB)

A 顔写真が掲載されている官公署の発行した証、またはそれに類するもの

個人番号カード、運転免許証(経歴証明書でも可)、旅券(パスポート)、在留カード、特別永住者証明書、身体障害者手帳、等のうちいずれか1点

B 上記Aの証の提示が困難な場合

健康保険証、年金手帳、児童扶養手当調書、等のうちいずれか2点

※注釈 窓口にお越しになる方が妊婦本人でない場合
個人番号を含む申請の手続きを代理人の方がを行う場合には、上記の書類に加え、次の書類も必要となります。

  • 法定代理人の場合:戸籍謄本、後見に関する登記事項証明書等の法定代理人であることを証する書類
  • 任意代理人の場合:委任状(様式は下記にあります)

様式

妊娠届出書(PDF:266KB)

委任状(PDF:71KB)

※注釈 妊娠届出書及び委任状は、各届出場所にもございます。

妊娠された方へ(サービスや情報のご案内)

新型コロナ感染症対策

厚生労働省から妊婦の方々へのお知らせがありました。
現時点(4月1日)では、妊娠後期に新型コロナウイルスに感染したとしても、経過や重症度は妊娠していない方と変わらないとされています
一般的には、妊婦が肺炎にかかった場合には、重症化する可能性がありますので、予防には留意してください

  • 人混みを避ける
  • こまめに手を洗う
  • 「密閉空間」「密集場所」「密集場面」という3つの「密」が同時に重なる場所を避ける

詳細は、下記の資料(PDF)をご覧ください。

妊婦の方々へ 新型コロナ感染症対策(PDF:852KB)

日本産婦人科感染症学会(新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について)(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

新型コロナウイルス感染症の概要や予防方法等について、妊娠中や妊娠を希望される方向けに情報を公開しているページです。リンクをクリックすると、日本産婦人科感染症学会のページが開きます。

風しん予防のために抗体検査・予防接種を受けましょう(子ども・妊婦・成人男性)(内部リンク)

現在、首都圏を中心に風しんの患者数が急増しています。
免疫のない女性が妊娠中に感染すると、生まれてくる赤ちゃんに心臓病や白内障などの障害(先天性風しん症候群)が生じるおそれがあります。
上記のリンク先では、感染予防のために、妊婦の方やその周囲の方に注意していただきたいことや、荒川区で行われている風しんの抗体検査および予防接種にかかる費用の助成制度について記載しています。

子どもの権利条約について(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

生まれてくる赤ちゃんには、「子どもの基本的人権(生きる権利、育つ権利、守られる権利、参加する権利)」があります。親になる準備の一つとして、「子どもの権利条約」を知っておきましょう。リンクをクリックすると、日本ユニセフ協会の子どもの権利条約に関するページが開きます。

妊娠されている方へ感染症対策としてマスクを配布します(内部リンク)

荒川区では、新型コロナウイルス等感染症への対策の一環として、現在妊娠されている区内の方にマスクを配布します。配布場所等については、上記のリンク先をご覧ください。

母子健康手帳を活用しよう

母子健康手帳は、妊娠、出産及び育児に関する健康記録、予防接種記録や小児の疾病記録などを、一冊にまとめて、記載して保存しておくための小冊子です。お母さんとお子さんの健康管理のために、活用しましょう。

関連リンク

※注釈 区の関連ホームページ以外の外部リンクは別窓で開きます。

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

健康部健康推進課健康推進係

〒116-8507荒川区荒川二丁目11番1号

電話番号:03-3802-3111(内線:433)

ファクス:03-3806-0364

このページに関するお問い合わせ:健康推進課健康推進課係
〒116-8507
荒川区荒川2-11-1(がん予防・健康づくりセンター2階)
電話:03-3802-3111(内線:433)
ファクス:03-3806-0364

妊娠中のご相談について:健康推進課保健相談担当
電話:03-3802-3111(内線:432・434)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。