トップページ > 高齢者 > 高齢者の健康づくり > こんな時こそ健康づくりを(口腔編)

更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

こんな時こそ健康づくりを(口腔編)

口腔機能トレーニングで、唇や頬、舌を鍛えましょう

新型コロナウィルス感染症が流行しているために、これまでの活動を控える日々が続いています。心身の活力を低下させることのないよう、自宅で、ひとりでもできる「健康づくり」をお伝えします。
今回は、口腔機能のトレーニングをご紹介します。自分のために、高齢のご家族と一緒に活用してください。

お口まわりの体操 唾液腺マッサージ(顎下腺・耳下腺編) 舌の体操

お口の体操とマッサージ

お口の体操やマッサージで、お口まわりやのどの筋肉を鍛えることは、

  1. お口の中を清潔に保つことができる
  2. 唾液が出やすくなる
  3. 食べ物を飲み込みやすくする

など、誤嚥性肺炎の予防につながります。
毎日のお口のお手入れと、よくかんで食べることを習慣にしましょう。

お口まわりの体操

「あー・いー・うー」と、大きめに口を開いて、発声してみましょう

「あー・いー・うー」のお口をしたり、声に出して発音することは、お口まわりや舌の筋肉を動かし、唾液が出やすくなります。また、むせや食べこぼしが少なくなります。

お口まわりの体操「あー・いー・うー」

  1. あー」と口を大きく開く、普段よりも大きめに
  2. いー」と口を大きく横に広げる(首に筋が張るくらいまで)
  3. うー」と口を強く、しっかりと前に突き出す

それぞれ、5秒ずつ10回繰り返しましょう。

唾液腺マッサージ(顎下腺・耳下腺)

食事前に行うと効果的

お口の中にある唾液腺を刺激することで、お口の中をうるおし、食べ物を飲み込みやすくします。

唾液腺の位置

  • 顎下腺(がっかせん)(下あごの骨の横の内側) 両手の親指で優しくマッサージ
  • 耳下腺(じかせん)(頬の後ろ側、耳の前の下側) 両手の手のひらを使って、優しく円を描くように回してマッサージ

舌の体操

むせないための筋トレ

舌や頬の筋肉を鍛えることで、食べ物を飲み込む力を高めます。

舌の体操

  1. べー」と舌を出したり、引いたりする(舌の根元を意識して行いましょう)
  2. お口のまわりをなめるように、舌をグルッと回す(右回り・左回り、両方行いましょう)
  3. 頬の内側を、舌で押しながら、グルッと回す(右回り・左回り、両方行いましょう)

口腔体操(PDF:131KB)

「こんな時こそ健康づくりを(口腔編)」区営掲示板ポスター(PDF:289KB)

チラシおよびポスターは、上記PDFよりダウンロードできます。

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

福祉部高齢者福祉課

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号

電話番号:03-3802-3111(代表)

ファクス:03-3802-3123

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。