トップページ > 生活(住まい・仕事等) > 消費生活 > 相談事例 > 投資用マンションの強引な勧誘

更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

投資用マンションの強引な勧誘

しつこく売り込んでくる投資用マンションの販売にはどう対処すればいいのか

事例:強引でしつこいマンションの販売勧誘、脅迫まがいの電話がこわい

自宅や職場に、投資用マンションの勧誘電話がかかってくる。
忙しいと断っているのに、しつこく「会って話すまで電話を切らない」と言われ、会うことになったが、断りたい。

アドバイス

購入する意思がない場合は、「必要ありません」とはっきり断りましょう。
会ってしまうと、勧誘がさらにエスカレートしますので、会わないようにしましょう。
また、事例の他に最近は、婚活サイトなどの出会いの場を利用して恋愛感情を抱かせ、巧みに投資の勧誘をして購入させる手口も見受けられので、注意が必要です。

関連情報

独立行政法人 国民生活センター(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)
相談事例:メールでよくある情報提供と回答「強引でしつこいマンションの販売勧誘、どうすればいいの」(2014年8月14日発表)

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

産業経済部産業振興課消費生活センター

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎6階)

電話番号:03-3802-3111(内線:477)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?