トップページ > 文化・芸術 > 芸術・文化 > 壁画 > JR常磐線第2三ノ輪ガード下壁画

更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

JR常磐線第2三ノ輪ガード下壁画

 


原画1


原画2


原画3


原画4

制作の経緯

平成21年当時、第2三ノ輪ガードに落書きやゴミが投棄されている状況であったため、その環境を改善し犯罪の起きにくい状況にするため、同年10月に、南千住警察署を中心に、地域のボランティアグループ、区職員による清掃活動を実施しました。その活動の総仕上げとして制作され、平成22年12月に完成しました。

所在地

荒川区南千住1丁目1番

デザインコンセプト

近隣町会の皆様のアイデアを反映させ、荒川区になじみが深い都電とその沿線にあるバラ、「あらかわ遊園」、区の木「さくら」や区の花「つつじ」、そして千住大橋と三ノ輪橋をモチーフとした二つの趣の異なった橋の風景などが描かれています。千住大橋には南千住から奥の細道に旅立った芭蕉も描かれています。

制作協力

制作者:東京藝術大学卒業生グループ「A+(アプリュス)」
色塗り協力:ボランティア

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

地域文化スポーツ部文化交流推進課文化振興係

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎3階)

電話番号:03-3802-3111(内線:2521)

ファクス:03-3802-4769

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?