トップページ > 障がい者 > 障がい者支援・サービス > 日常生活の支援 > 手話通訳 > 遠隔手話通訳等サービス及び電話代行サービス(電話リレーサービス)

更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

遠隔手話通訳等サービス及び電話代行サービス(電話リレーサービス)

手話ができるオペレーターを活用した窓口支援(遠隔手話通訳等サービス)及び電話代行サービス(電話リレーサービス)が利用できます。
利用の方法について、手話ナレーターの動画による案内もご覧いただけます。

動画による案内(全編)

遠隔手話通訳による窓口支援(区窓口・たんぽぽセンター・アクロスあらかわ・荒川区社会福祉協議会)

障害者福祉課の窓口に加え、平成31(2019)年4月より心身障害者福祉センター(たんぽぽセンター)及び区立障害者福祉会館(アクロスあらかわ)にも遠隔手話・筆談・音声認識機能を備えた専用のタブレット端末を配置しました。更に、令和2(2020)年4月より荒川区社会福祉協議会窓口にも遠隔手話機能を備えたタブレット端末を配置しました。

対象

聴覚、言語機能、音声機能その他障がいのためにコミュニケーション支援が必要な方

受付時間

区役所及び区立心身障害者福祉センター(たんぽぽセンター) 開庁時間内
区立障害者福祉会館(アクロスあらかわ) 午前9時から午後5時まで
荒川区社会福祉協議会窓口(遠隔手話通訳機能のみ) 午前9時から午後5時まで

端末機能

  1. 遠隔手話通訳機能
  2. 音声文字化機能
  3. 手書き機能

動画による案内

窓口でタブレットを通して、コールセンターへテレビ電話をつなぎ、手話通訳者が画面を通して通訳を行います。

動画による案内

タブレット端末の音声認識で、職員の言葉を文字にして伝えます。また、タブレット端末に手書きする機能と組み合わせることもできます。

電話代行サービス(電話リレーサービス)

聴覚障がい者がご自身のスマートフォンを使って、自宅からでも外出先からでも、オペレーターと手話等を通じて、リアルタイムでコミュニケーションができるようになります。

お手持ちのスマートフォン、タブレット等の端末で、「LINE」「Skype」「Facetime」のアプリを取得し、テレビ電話機能を使い、区の委託業者に電話代行の依頼ができます。

ご利用にあたり、障害者福祉課へIDの交付申請が必要です。

対象

  1. 聴覚、言語機能、音声機能その他障がいのためにコミュニケーション支援が必要な荒川区民
  2. 上記の方をサポートする荒川区民

利用時間

午前8時から午後9時まで(年中無休)

受付窓口

障害者福祉課(区役所1階)

備考(注意事項)

  1. 申請の際、住所、氏名が確認できる運転免許証や身体障害者手帳等の本人確認書類をご持参下さい。
  2. スマートフォン等の端末の契約料金及び通信料金は、登録者負担となります。

動画による案内

(チラシ)荒川区 聴覚障がい者向け 窓口支援と電話代行サービス(電話リレーサービス)(PDF:120KB)

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

福祉部障害者福祉課庶務係

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎1階)

電話番号:03-3802-3111(内線:2681)

ファクス:03-3802-0819

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。