トップページ > 介護 > 介護サービス事業者向け情報 > 地域密着型サービス > 介護給付費算定に係る体制等に関する届出について

更新日:2020年6月17日

ここから本文です。

介護給付費算定に係る体制等に関する届出について

新たに加算の算定等を行う地域密着型(介護予防)サービス事業所は、下記のとおり加算算定月の開始前に区に届出を行ってください。

提出書類

  1. 介護給付費算定に係る体制等に関する届出書
  2. 介護給付費算定に係る体制等状況一覧表
  3. 新たに算定しようとする加算に応じて必要な添付書類

提出書類につきましては、下記の「添付ファイルのダウンロード」をご利用ください。なお、新たに加算を算定する場合には、あわせて運営規程の変更等の届出が必要になります。
※注釈 制度改正に伴い書式が変更されています。ご確認の上、ご提出ください。

提出期限

毎月15日までに届出られたものは、翌月1日より適用開始
16日以降に届出られたものについては、翌々月1日より適用開始
加算の取下げ・減算の場合は、上記提出期限に関わらず、その状態になった時点で速やかに届出てください。

なお、担当部署へ到達した日をもって届出日になりますので、郵送の場合は余裕をもってご提出ください。
※平成30年4月1日から算定予定の加算の受付は終了しました。

添付ファイルのダウンロード

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

福祉部介護保険課事業者支援係

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎2階)

電話番号:03-3802-3111(内線:2436)

ファクス:03-3803-1504

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。