トップページ > 事業者向け情報 > 創業支援 > 産学公金が連携して創業を支援します

更新日:2020年8月18日

ここから本文です。

産学公金が連携して創業を支援します

sogyo2創業支援事業の全体像

荒川区は新たな区内産業の創出を通じて、雇用及び地域の活性化に寄与することを目的として、産業競争力強化法に基づく「創業支援事業計画」を策定し、平成26年3月20日に国から第1号認定を受けました。

また、平成26年10月31日から「東京商工会議所」及び「株式会社 日本政策金融公庫」が連携創業支援事業者として新たに加わりました。

創業支援事業計画では、荒川区が中心となり、豊富な支援ノウハウを持っている民間の事業者と連携して、創業を希望する方を支援していきます。

対象者

創業を希望する方、創業後5年未満の方

主な支援事業

総合相談事業(窓口、訪問、出張相談会)、セミナー、融資利率優遇など

特定の創業支援事業を受けた方は支援が拡充されます

  1. 株式会社を設立する際の登記にかかる登録免許税の軽減(資本金の0.7パーセント→0.35パーセント)
  2. 無担保、第三者保証人なしの創業関連保証の枠の拡充(1,000万円→1,500万円)
  3. 創業2か月前から対象となる創業関連保証の利用対象の拡充(創業2か月前→6か月前)

計画期間

平成26年6月1日から令和5年3月31日まで

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

産業経済部経営支援課産業活性化係

〒116-8501荒川区荒川二丁目2番3号(本庁舎6階)

電話番号:03-3802-3111(内線:458)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?