トップページ > 防犯 > 犯罪対策 > 特殊詐欺対策 > 防災行政無線を活用した特殊詐欺撲滅作戦

更新日:2021年4月14日

ここから本文です。

防災行政無線を活用した特殊詐欺撲滅作戦

 荒川区では区内三警察署と協力して、防災行政無線を活用した特殊詐欺の注意喚起をリアルタイムで行っています。不審電話が集中する地域にリアルタイムで放送を流す方式は、23区で初めての試みです。

区の被害状況

令和2年の区内特殊詐欺被害は、前年比−32件の26件、被害総額は前年比−1,387万円の5,770万円となっています。被害件数は大幅に減少しましたが、まだまだ被害が発生しています。

  平成30年 令和元年 令和2年
被害件数 38件 58件 26件
被害額 5,794万円 7,157万円 5,770万円

 

 

 

※令和元年から「詐欺盗」と呼ばれる手口が特殊詐欺に計上されています

被害の特徴

オレオレ詐欺の電話をする犯人のイメージ息子や孫などをかたるオレオレ詐欺をはじめ、警察官・銀行協会職員等をかたって電話をかけた後、自宅もしくは付近を訪れ、キャッシュカードを直接受け取る預貯金詐欺(カード手交型)や、すきを見て他のカードとすり替える詐欺盗などが増えています。また区役所職員をかたり「還付金が戻るからATMで手続きをして」などと言ってATMへ誘導し、現金を振り込ませる還付金詐欺の被害も後を絶ちません。

実施方法

防災行政無線

特殊詐欺の電話が集中している地区に防災行政無線による生放送を実施しています。放送内容はかかってきている電話の手口によって変わっているので、リアルタイムの情報をお伝えしています。また、付近にいる詐欺犯人がこの放送を聞き、犯行を踏みとどまることも狙いとしています。

放送中の様子 

聞こえ方によってはご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、何卒ご理解、ご協力の程よろしくお願い致します。 

青パト放送

同時に区で運行している安全・安心パトロールカー(通称:青パト)も巡回して注意喚起の放送を流しています。警察もパトカー及び警察官を集中的に配置し警戒を実施します。

青色パトロールカーの写真

メルマガ配信

荒川区メールマガジン(地域防犯)では、詐欺電話の情報を配信しています。放送では伝えきれない詳細をお知らせしていますので、ぜひご登録ください。

メルマガ登録

放送の内容がわかりにくかった場合は

放送後、約1時間は、下記の電話番号で、放送内容を確認することが出来ます。
電話:03-3803-1788

屋外スピーカーの放送内容を電話で確認できます

関連リンク

特殊詐欺の現状と区の対策

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

区民生活部生活安全課生活安全係

〒116-0002荒川区荒川二丁目25番3号荒川区役所分庁舎2階

電話番号:03-3802-3111(内線:494)

ファクス:03-3891-8892

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?