更新日:2020年7月8日

ここから本文です。

生涯学習センターの利用案内

 

貸出施設の一部利用再開について

 区は国や都の方針を踏まえたうえで、安全・安心を最優先として新型コロナウイルス感染予防策を徹底し、施設の利用制限を6月19日(金曜)、7月10日(金曜)を目途に、段階的に緩和いたします。
※注釈 今後の国や都の方針によっては、利用内容及び利用定員を変更する場合がございます。

 
  6月1日(金曜)から 6月19日(金曜)から 7月10日(金曜)から
利用内容 <利用可能な内容>
・会議利用等
<利用可能な内容>
・会議利用等
・身体的接触の無い体操・ダンス及び運動等
・更衣室、シャワー室の利用
<利用可能な内容>
・会議利用等
・体操・ダンス及び運動等
・歌・合唱
・管楽器
・演劇
※利用条件を踏まえたうえで、利用可とします。
利用定員 施設の特性を踏まえたうえで、概ね2メートルの間隔を空けて積算。 施設の特性を踏まえたうえで、概ね2メートルの間隔を空けて積算。
※ただし、運動等の利用は半数程度に制限
施設の特性を踏まえたうえで、段階的に緩和予定。
※ただし、運動等の利用は半数程度に制限
利用制限のある種目の利用条件
種目 業種別ガイドラインを踏まえた主な利用条件
合唱 ・団員の距離は前後2メートル以上、左右1メートル以上の間隔を空け、団員同士が向かい合う配列は避けること。
・指導者や伴奏者と団員の距離は2メートル程度確保すること。
・マスクを着用のうえ、実施すること。なお、熱中症等予防のために適宜休憩をとり、水分補給を行うこと。
・座っている団員と立っている団員が混在しないようにすること。
・連続した合唱は30分以内とし、5分以上の換気を行うこと。
・楽譜等の共有は避け、手渡しでの配布や回覧は避けること。
【参考】合唱活動における新型コロナウイルス感染症拡大防止のガイドライン(一般社団法人 全日本合唱連盟)
管楽器演奏 ・オーケストラや吹奏楽等を実施する場合は、各奏者間で十分な距離を確保すること。
 特に管楽器奏者間の距離、管楽器群と弦楽器群の間では、十分な距離を確保するか、アクリル板を設置するなど施設と相談し、実施すること。
・管楽器奏者以外は演奏中、マスクを着用すること。
 管楽器奏者については、演奏時以外にはマスクを着用すること。
・熱中症等予防のために適宜休憩をとり、水分補給を行うこと。
・管楽器の水抜きを行う際は、タオルで抑えて実施するなど、マウスピースから水分が飛び散ることのないよう徹底すること。(マウスピースのみで吹く場合は、水分を飛び散らせないこと。)
・連続した利用は30分以内とし、5分以上の換気を行うこと。
・楽譜等の共有は避け、手渡しでの配布や回覧は避けること
・舞台を使用する場合は、出演者間の距離が確保できる演目を検討すること。
【参考】クラシック音楽公演における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン(クラシック音楽公演運営推進協議会)
ダンス ・各演者間の距離は、1人あたりの面積を4平米確保し、動くことを想定した面積とすること。
・来場定員は、動くことを想定した定員とすること。
・ダンスを行う際は、マスクを着用し、他者に接触する場合は手袋を装着すること。
・指導をする際は、基本はストレッチやシャドーを主とし、他者に接触する場合は手袋を装着すること。
・連続した利用は30分以内とし、5分以上の換気を行うこと。
・印刷物等の共有は避け、手渡しでの配布や回覧は避けること。
【参考】全ダ連認定ダンス教師・認定ダンス教室の皆さまへ、感染拡大防止ガイドライン(公益社団法人 全日本ダンス協会連合会)
演劇 ・表現上困難な場合を除き、演者間の距離は、2メートル以上(最低でも1メートル)を確保すること。
・表現上困難な場合を除き、マスクを着用すること。
・連続した利用は30分以内とし、5分以上の換気を行うこと。
・印刷物等の共有は避け、手渡しでの配布や回覧は避けること。
【参考】舞台芸術公演における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン(緊急事態舞台芸術ネットワーク)

※注釈 下記に記載している「利用上の注意」もご確認のうえ、施設をご利用ください

利用定員

 
名称 利用再開日
6月1日(金曜)から 6月19日(金曜)から 7月10日(金曜)から 
大会議室 32人 会議等:32人
運動等:16人
会議等:38人
運動等:19人
会議室 16人 会議等:16人
運動等:8人
会議等:19人
運動等:9人
音楽室 24人 会議等:24人
運動等:12人
会議等:28人
運動等:14人
多目的室 24人 会議等:24人
運動等:12人
会議等:28人
運動等:14人
体育館 - 運動等:56人 運動等(接触無し):67人
運動等(接触有り):33人
多目的広場 -

※注釈1 詳細は、施設へお問い合わせください。(電話:03-3802-2332)
※注釈2 利用定員変更に伴う、施設利用料金に変更はありません。

利用上の注意

 ご利用される際は、感染拡大防止のため、施設からお願いする以下の感染防止策を守ってください。

  1. 発熱や咳等の症状があるなど、体調不良の場合は利用を自粛してください。
    ※注釈 必ず発熱がないことを確認してください。
  2. 施設へ来館されるときは、ご自身で検温をお願いします。
  3. 施設へ来館されるときは、マスクの着用と咳エチケットをお願いします。
  4. 利用者間の十分な間隔を確保してください。
    ※注釈 利用人数を制限します。
  5. ご利用の際は、手指消毒や手洗い等を行ってください。
  6. 主催者は主催事業の来場者の氏名及び連絡先を把握し、名簿を作成し保管してください(概ね2週間程度保管)。
    ※注釈 感染者のクラスターが発生した場合、追跡を可能とするため。
  7. ごみは各自でお持ち帰りください。
  8. その他感染拡大防止のため、施設から利用に関するお願いをする場合があります。

施設予約について

当面、電話または生涯学習センター窓口での予約のみとさせていただきます。下記の施設予約システムは使用できません。
 変更がありましたら、ホームページ等でお知らせいたします。

施設概要

 荒川区立生涯学習センターは、芸術・文化・趣味・教養・スポーツ等さまざまな分野で生涯学習を行っている方々やサークル・団体等の活動場所として、また、これから学習を始めようとする方、学習活動を進めるための相談等、区民の新たなチャレンジを応援する生涯学習施設です。
 この施設は、平成9年7月1日に旧小学校施設を活用し、建物内部の改修をしてスタートしました。荒川区立教育センターが併設されています。

外観

生涯学習センター外観の画像

生涯学習センターの外観の画像


生涯学習センター体育館外観の画像

生涯学習センター体育館外観の画像

生涯学習センター体育館の画像

生涯学習センター体育館の画像

        

所在地

荒川三丁目49番1号

連絡先

電話番号:03-3802-2332
ファクス番号:03-3802-3265

施設概要

貸し出し施設(有料)

  • 大会議室(128平方メートル):1室
  • 小会議室(64平方メートル):5室
  • 音楽室(96平方メートル):1室、合唱等の活動向け
  • 多目的室(96平方メートル):1室、演劇、健康体操、舞踊、ダンス等の活動向け
  • 体育館(約500平方メートル):バレーボール・バドミントン・ビーチボールバレー・卓球・バスケットボールの利用ができます。道具は持ち込み。
  • 多目的広場:少年サッカー・少年野球程度の活動向け

その他施設(無料)

  • 生涯学習情報提供コーナー:区内の講座・教室情報や近隣区、都内の博物館、美術館、大学等の施設や公開講座、イベント等の情報を収集、提供するコーナー。 生涯学習に関する図書も閲覧できます。(午後8時閉室)
  • プレイルーム:会議室を利用されている方の幼児のための部屋です。保育は各サークルでお願いします。

多目的広場の利用対象拡大のお知らせ

生涯学習センターでは、下記のとおり多目的広場の利用対象の拡大を実施しています。

利用可能な曜日、時間帯

平日の[午前](午前9時から正午)、[午後1](正午から午後3時)

対象

社会教育関係団体(スポーツ団体)のうち、構成員が中学生以上の団体(社会教育関係団体以外の団体及び中学生以上の個人は利用出来ません)
※注釈 小学生以下の利用は、変更ありません。

利用用途の制限

次の場合には利用できません。

  • 他の利用者(通行者等)に危険を及ぼす恐れのある野球・サッカー等の球技等
  • 大きな声を出したり、音楽を使用したりする種目

開館日

年末年始を除き、年中無休
※注釈 施設管理上、臨時休館をすることがあります。

開館時間

午前9時から午後10時まで
車での来館はご遠慮ねがいます。

利用申込み方法

窓口、電話での利用申込み予約

 
施設名 社会教育関係団体 社会教育関係団体以外
大・小会議室、音楽室、多目的室 利用したい日の2ヶ月前の月の同じ日から、利用したい日の前日まで。 利用したい日の1ヶ月前の月の同じ日から、利用したい日の前日まで。
体育館、多目的広場 利用したい日の前月1日から、利用したい日の前日まで。 利用したい日の前月2日の10時から、利用したい日の前日まで。
  • 窓口での予約は、開館日の午前9時から午後8時まで行うことができます(ただし、会議室、音楽室、多目的室の受付開始日は午前9時15分から)。
  • 電話での仮予約は午前9時30分から午後8時まで行うことができます。
  • 受付開始日が休館日の場合は、直前の開館日が受付開始日となります。

 多目的広場の利用拡大対象団体は下記時間から受付となります。
 窓口・・・利用したい日の前月1日(1日が休館日に当たる場合は直前の開館日)午前11時から
 電話・・・利用したい日の前月1日(1日が休館日に当たる場合は直前の開館日)午後1時から

インターネットからの利用申込み予約

 インターネットから予約する場合は、事前に窓口で利用者登録をしてください。男女平等推進団体、障害者福祉推進団体、社会教育関係団体、ひろば館利用団体、荒川さつき会館利用団体、老人福祉センター会議室利用団体は、団体登録の時に利用者登録を行っているので、登録の必要はありません。お持ちの登録番号と暗証番号で、インターネット等から予約ができます。

 
施設名 社会教育関係団体 社会教育関係団体以外
大・小会議室、音楽室、多目的室 利用したい日の2ヶ月前の月の同じ日の10時から、利用したい日の7日前まで。 利用したい日の1ヶ月前の月の同じ日の10時から、利用したい日の7日前まで。
体育館、多目的広場 利用したい日の前月2日の10時から、利用したい日の7日前まで。 利用したい日の前月3日の10時から、利用したい日の7日前まで。

 インターネットからの予約は、午前10時から午前0時まで行うことができます。予約後は、1週間以内に窓口で利用申請して下さい。1週間以内に利用申請しない場合は、予約は自動的に取り消されます。

使用料

施設使用料1
施設名 [午前]
午前9時から正午
[午後1]
午後0時20分
から午後3時20分
[午後2]
午後3時40分
から午後6時40分
[夜間]
午後7時から午後10時
(音楽室は午後9時30分)
大会議室 1,000円 1,000円 1,000円 1,000円
小会議室 500円 500円 500円 500円
音楽室 750円 750円 750円 750円
多目的室 750円 750円 750円 750円

 

施設使用料2
施設名 [午前]
午前9時から正午
[午後1]
正午から午後3時
[午後2]
午後3時から午後6時
[夜間]
午後6時から午後9時
体育館 1,750円 1,750円 1,750円 1,750円

 

施設使用料3
施設名 [午前]
午前9時から正午
[午後1]
正午から午後3時
[午後2]
午後3時から午後6時
(4月から9月)
午後3時から午後4時
(11月から2月)
午後3時から午後5時
(3月、10月)
[夜間]
多目的広場 500円 500円 500円(4月から9月)
160円(11月から2月)
330円(3月、10月)

 

  • 小会議室、大会議室、多目的室、音楽室については、利用日の7日前までに予約する場合、1団体につき、同一の週(日曜から土曜までの7日間)において2区分まで予約することができます。また多目的広場、体育館については、社会教育関係団体が、利用日の属する月の前月1日(2月利用分は12月27日)実施の抽選会や、抽選会後に電話などで、同一の週に1区分、1か月に4区分まで予約することができます。前月2日からは、一般団体、社会教育関係団体ともに、同一週に2区分の予約ができ、インターネットからは、社会教育関係団体は2日、一般団体は3日から、同一週に2区分の予約ができます。
  • 多目的広場は[夜間]使用できません。また、[午後2]の利用は冬期(11月から2月)は午後4時、春・秋期(3月、10月)は午後5時までです。
  • 利用時間には、準備及び後片付けの時間を含みます。
  • 荒川区の「社会教育関係団体」として登録された団体には、申込み期日の優先や使用料の減額等の優遇措置があります。

施設予約システム(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

お問い合わせ

生涯学習センター
荒川区荒川三丁目49番1号
電話:03-3802-2332
ファクス:03-3802-3265

 

こちらの記事も読まれています

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?