トップページ > よくある質問 > 暮らし > 国民健康保険・後期高齢者医療制度 > 保険料を長い間、滞納していると、どうなりますか。

更新日:2021年4月1日

ここから本文です。

保険料を長い間、滞納していると、どうなりますか。

質問

保険料を長い間、滞納していると、どうなりますか。

回答

通常の保険証と比べて、有効期限の短い保険証が交付されます。
長期的な滞納が続くと、保険証を返還していただき、「資格証明書」が交付されます。医療機関を受診する場合、医療費は全額自己負担(10割)となります。また、自己負担分を除いた額について払い戻しの申請を行う場合、滞納保険料に充当します。
納付相談なく滞納が続いた場合は、上記の措置とは別に、各種財産(給与・預貯金・生命保険等)の差押え等、滞納処分を行います。
特別な事情により、保険料の納付が困難な場合は、区役所1階国保年金課保険料係(9番窓口)へ納付相談にお越しください。

お問い合わせ

福祉部国保年金課
電話番号:03-3802-3111(内線:2386~2388)
ファクス:03-3802-7297

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?