トップページ > 子育て > 家庭に関する相談 > 里親制度 > 里親普及啓発イベント

更新日:2023年1月20日

ここから本文です。

里親普及啓発イベント

里親個別相談会

荒川区子ども家庭総合センターでは、里親制度や養育家庭(里親)、養子縁組里親について知っていただくために、月に1度、第3木曜に個別相談会を開催しています。また、地域ごとに土曜または日曜の個別相談会の開催も行っています。

「共働きでもできるの?」「子どもの生活費はどうなるの?」「自分の子どもがいてもできるの?」「部屋の広さは大丈夫かな?」「特別養子縁組の制度について知りたい」等の疑問や不安に里親担当の相談員がお答えします。

里親制度に少しでも興味がある方は、荒川区子ども家庭総合センターにお問い合わせください。

令和4年度日程

令和4年4月21日、5月19日、6月16日、7月21日、8月18日、9月15日、10月20日、11月17日、12月15日

令和5年1月19日、2月16日、3月16日

(いずれも木曜、午前10時から12時の実施)

  • 相談は事前予約制です。定員は各回2組です。各相談日の2日前までに電話または来所でご予約ください。
  • ご相談は随時受け付けておりますので、相談会の日程で都合がつかない方は、お問い合わせください。

里親養育体験発表会報告

令和4年10月16日(日曜日)、ふらっとにっぽりにて里親養育体験発表会を開催しました。初めに、荒川区の里親制度について説明をしました。その後、養育家庭さんと養子縁組里親さんそれぞれに、養育体験を話していただきました。また、元帝塚山大学教授の才村眞理先生には、「子どもの未来を支える~子どもと里親家庭のライフストーリーワーク~」と題してご講演いただきました。

養育家庭さんと養子縁組里親さんのお話からは、お子さんに対する惜しみない愛情を感じることができ、こちらまで胸が熱くなりました。また、生活している中で、トラブルや困ったときには、お二人とも色々な支援機関のサポートを受けて、困難を乗り越えているとのお話があり、チーム支援の大切さを感じることができました。

才村先生の講演では、ライフストーリーワークの実践について、話して頂きました。ライフストーリーワークとは、子どもの日々の生活や様々な思いに光を当て、自分は自分であっていいということを確かめること、自分の生い立ちや家族との関係を整理し、過去~現在~未来をつなぎ、前向きに生きていけるよう支援する大切な取り組みです。

才村先生は、里親の元で暮らしている子どもたちにライフストーリーワークを行う際には、「点滴のように」小さいころからちょっとずつ、子どもの反応を見ながら話していくとよいことや、子どもと向き合うことの大切さについてお話がありました。

最後に、発表いただいた里親さんと才村先生にご登壇いただき、参加された方からの質問に対してお答えいただきました。

参加者からは、「里親制度や社会的養護の話を聞けて、勉強になりました」「里親さんの実体験のお話に心うたれました」「ライフストーリーワークについて知ることができて良かったです」といった声が寄せられました。

22taihatsu

映画鑑賞会報告

令和4年12月11日(日曜日)、ゆいの森あらかわにて映画観賞会を開催しました。始めに里親制度の説明の後、映画「夕陽のあと」を上映しました。当日は、たくさんの方にご参加いただきました。

参加された方からは、映画がとてもよかったという感想をたくさんいただきました。また、産みの親と育ての親それぞれへの共感や、“子どもにとって大切なこと”を考える機会となったといった声が寄せられました。

この映画の中で、養子縁組家庭で育つ子どもが「島の人はみーんなお母さん」と話します。この言葉が表すように、子どもは親だけではなく地域の人や環境すべてに育てられており、その子どもたちを温かく見守る地域の大切さについても描かれています。この映画観賞会を通して、里親制度について知っていただくとともに、子どもの育つ地域の方々が「子どもにとってあなたができること」を考えていただく機会となったのではないかと思います。

eigamini

里親普及啓発イベント

里親ってなあに? 説明会&トーク会「中高生が里親家庭で暮らすこと」

  • 日時 令和5年2月26日(日曜日)午後2時から午後3時30分(受付午後1時30分)
  • 場所 町屋文化センター 3階第4会議室
  • 定員 10名程度
  • 申込期間 令和5年1月20日から2月22日
  • 申込方法
    子ども家庭総合センターへ来所または電話、区ホームページ受付フォーム(外部サイトへリンク)からお申込みください
  • 内容
    • 第1部 里親ってなあに? 里親制度の説明
    • 第2部 里親と講師高橋亜美氏(アフターケア相談所 ゆずりは所長)とのトーク会
    • 第3部 個別相談(希望者)

里親ラッピングバスが区内を走っています!

minibus

令和4年11月10日から、荒川区コミュニティバス「さくら」に、特別なデザインを施した車両が走っています。車内には「荒川ではじめる。里親をはじめる。」と描かれたポスターを掲示しています。

また、荒川区子ども家庭総合センターの最寄り停留所である「荒川区役所前」に近づいた際には、「知ってほしいな里親制度。荒川区子ども家庭総合センターはこちらが便利です。」というアナウンスも流れています。

これからも、様々な媒体を通じて、多くの方々に里親という制度に関心を持ってもらえるよう、里親制度等の普及促進に取り組んで参ります。

尾久図書館で「里親普及啓発イベント~里親ってなあに?~」を開催しました

令和4年11月18日から11月25日まで、里親制度のパネル展示に加え、実際の子どもと里親の生活に焦点をあてたパネルを展示しました。

11月20日には、里親制度に関するクイズを行い、答えてくださった方には、あら坊・あらみぃのオリジナルマスキングテープをお渡ししました。参加された方からは、「子どもがのびのび過ごせる家庭って大事だと思いました。」といった感想や、「たくさんの方に知っていただきたいですね。」とお声がけいただきました。多くの方がクイズに参加し、里親制度についての理解を深めてくださいました。

これからも1人でも多くの方に里親制度を知っていただき、荒川区で子どもたちのために里親として活動してみたいという方が増えていくように、普及啓発活動に取り組んで参ります。

ogumini

こちらの記事も読まれています

お問い合わせ

子ども家庭部子ども家庭総合センター

〒116-0002荒川区荒川一丁目50番17号

電話番号:03-3802-3765

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?